卓球 質の高いサービスって何?試合で勝つためのサービスを覚えよう!

卓球 質の高いサービスって何?試合で勝つためのサービスを覚えよう!

卓球で一番大事な技術がサービスです。
このサービスがある程度上手でないと試合で勝つことは難しいとされています。
どのサービスが良いのか?となると難しいのですが、良いサービスの定義はそう多くありません。
自分の使いやすいサービスを良いサービスになるように練習しましょう!

1.低くサービスを出す

低いサービスが出せることが大事です。
短くても高ければフリックやチキータで簡単に攻撃されてしまいます。
サーブに回転量を求める人もいますが、卓球のサーブの基本は

高さ>回転量

この意識を持ってサーブの練習をするようにしましょう!
回転もかけれないといけませんが、まず低いサーブを出せるようにしましょう!
ネットからボール1個半の高さを狙えると一番良いですね!
2個分では1個分ネットよりも高くなるので少し高い感じです。

2.長短を意識する

短いサーブも良いですが、短すぎるサービスはあまり良くありません。
なるべく2バウンドをするかしないか?と相手に悩ませれるサーブが理想ですね!
直線的なサーブ(縦回転)の場合は長さをきっちり調節する必要があります。
曲がるサーブ(横回転)の場合は若干横に曲がる為、少しだけ出るように調節します!

相手にサーブの長さを測られないようにすると、レシーブで抜かれる事や、ビタ止まりストップをやられにくくなります。

ロングサーブも必要です。
ロングサーブははっきりと長いサーブを出しましょう!

相手のエンドラインに落ちるサーブが理想です!

3.速さを意識する

サーブが速いだけで武器になる場合があります。
酒井アスカ選手のサーブが一番良い見本ですね!

開始10秒までのサーブです!

これだけサーブが速いと相手をノータッチできる場合があります。
このサーブだけではいけませんが、速いサーブを持っているということが武器になりますので練習しましょう!

4.卓球の質の高いサービスのまとめ

1・低いサーブである事

2・長さを2バウンドギリギリに調節できる事

3・ロングサーブをめちゃ速いサーブが出せる事

この3つです。

サーブの出し方は現行の卓球ルールに則ってサーブが出せていればなんでも良いです。
巻き込み、YG、王子サーブと色々あります。
自分にあったサーブでこの3つの事を出来るように意識してサーブの練習をしましょう!