卓球 粒高に負けないように対策をして試合に勝とう!

卓球 粒高に負けないように対策をして試合に勝とう!

卓球には色々な種類のラバーがあります。
1回戦や2回戦で良く当たり、粒高が苦手だから負けた!という選手は沢山いると思います。
ペン粒の選手は最近見なくなったので、シェイクハンドでバック粒の選手の対策方法を投稿します。

卓球おじさんの個人的な粒高対策なので、他に色々対策方法があればコメント欄にコメントで教えてください!

1.粒高に慣れる

粒高ラバーを使用している人は各チームに1人はいると思います。
その人と練習をして粒高の返球に慣れる事を第一に考えましょう!

粒高ラバーを使ってみる。
どんなボールが返しやすいのか?どんなボールが返しにくいのか
自分で使ってみて感じる事も大事です。
裏ラバーなら下回転のサーブはツッツキで返しますが、粒高ならツッツキよりもプッシュの方が返しやすいです。
その違いを感覚で覚えると、試合中に選択するサーブも変わってくると思います!

2.横回転は混ぜないようにする

横回転をサーブや、レシーブに混ぜると大変な事になります。
レシーブが曲がってきたり、フォームとは真逆の方向に曲がったりもします。
横回転のボールをポンとゆっくり打たれるとかなりブレて返球がきたりします。
横下回転のサーブは特に粒高の大好物なので使用は控えるようにしましょう。
ナックル(無回転)サーブの方が相手のレシーブが単調になって攻撃しやすくなります。

3.サービスのコースを工夫する

シェイクハンドでバック粒の場合、フォア側に逃げていく短いサーブに粒高で対応がしにくい状態になると思います。
2回か3回フォア側にサーブを送ると立ち位置がフォア側に寄ってくると思います。
相手の立ち位置を良く見て、バックロングにナックルサーブを出すのが効果的ですね。
粒高ラバーでナックルのサーブを返すのは神経を使う為、咄嗟に手を出して当てるレシーブをさせるとネットミスをしてくれる場合があります!

4.粒高でナックルをツッツキ出来る人は要注意

プッシュが上手い人なら、ナックルロングを出せばプッシュは封じ込めます。
とにかく入れるのが上手い人なら、コースをついてレシーブやブロックのコースを読んで対応します。
ツッツキが出来る人は、、、何回転で返ってくるか想像がつかない時があるので注意しましょう。
粒高をキチンと倒して打てる選手なので、粒高でドライブとかもかけてきます。
こういう選手と当たったら、なるべく粒じゃない方を狙って点数を取れるようになるといいですね!