【衝撃の事実】ふざけて駅の非常停止ボタンを押すとどうなる?多額の賠償金を払う可能性も、、、

【衝撃の事実】ふざけて駅の非常停止ボタンを押すとどうなる?多額の賠償金を払う可能性も、、、

先日、横浜・京急線とトラックの衝突事故がありました。

大変な状況です。
トラックが立ち往生してしまう前に、何人かがトラックを助けようともしていたみたいです。
Yahoo!ニュース

なぜこのような事故になったのか?

細い脇道から線路に入る時に曲がり切れず何度か切り返しをしている段階で遮断機が降りてきてしまった。

大きいトラックが右左折するときは内輪差を考えて曲がります。
中々狭い道では難しいですね。

知らない道を走る時は色々と注意が必要です。

運転手は確実にパニックになっている

過去にこんな事故もあります

教習車が踏切内でエンスト、電車と衝突

2月26日午後、埼玉県加須市内の東武鉄道・伊勢崎線の踏切で、路上教習中の教習車が閉じ込められ、通過してきた列車と衝突して大破する事故が起きた。運転していた18歳の男性と、教官の2人は衝突寸前に車外へ脱出。ケガは無かった。
レスポンスニュースから引用

怪我もなくて大変良かったのですが、エンストし再度エンジンをかけようとしたところ失敗し脱出したみたいです。
運転をしている本人はもちろんですが、助手席に乗っている教官もパニックになっています。
周りの人が助けてあげれるなら助け合いの精神で動けると良いですね!

踏切内で想定外の事が起きたら非常停止ボタン

踏切には必ずこの非常停止ボタンがあります。
周りの人がこれを押せれば、事故は最小限に抑えれる可能性があります。
まだまだ遮断機が降りてこないからと押すのを躊躇わずに、線路内で何かあればまずはこのボタンを探して押すようにしましょう!

非常停止ボタンをふざけて使用しないように

ふざけてボタンを押したりした場合は損害賠償が発生します。
自分に急用があってどうしても渡りたいからボタンを押すなどした場合は逮捕され、損害賠償金を支払わなければなりません。
自分の人生が終わってしまう可能性があります。

第3者が事故を未然に防ぐ為に押すの事に賠償金は発生しない

現役の車掌さんが啓発。 踏切で緊急事態を目撃したら、まずは「非常停止ボタン」を押そう! 事故の未然回避目的で第三者が操作した場合には、罰則(損害賠償)はないとのこと。 あなたの勇気が命を救う! どうしよう?…迷ったら押しましょう! できたら「非常停止ボタン」を押したら、立ち去らずに駆けつけた鉄道会社の方に状況説明をお願いします、とのこと。 運転再開が早くなるそうですよ。

踏切内でのトラブルがあった場合、非常停止ボタンがあることを思い出して行動しましょう!