卓球 相手に左右されずに試合を勝てるように気をつける為に意識する3つの事と練習方法

卓球 相手に左右されずに試合を勝てるように気をつける為に意識する3つの事と練習方法

卓球で得点を取る方法は3つ有ります。
・相手よりも多く返す
・相手の取れないボールを送る
・相手のミスを誘う
これが大まかな得点方法です。
いくら強いボールを打てても返されてしまえば得点にならない時もあり、めちゃくちゃ遅いボールを打っても相手がミスすれば得点になります。
しかし、自分の力で試合に勝つ事が出来ないと相性の悪い相手には確実に勝てなくなります。
自分の力でボールを打ち試合で勝てるようになりましょう!

・相手よりも1本多く返す

卓球は自分がミスをしないという方法でも1点を得点する事が出来ます。
相手がどれだけ良いボールを打てても、しっかりとボールを返す事が出来れば試合には勝ちやすいです。
この場合はブロックとカウンターを狙って戦う作戦か、ロビングやフィッシュ、カット等を駆使して相手を翻弄して戦う作戦のどちらかになります。
自分に合った戦い方を選択しましょう!

・練習方法

多球練習で、ランダムに上回転のボールを5本送る
そのボールをなるべくドライブやカウンターで対応できるように早く切り返しとフットワークの練習をします。
きちんと返す事が目的ではなく、早く動けるようにする練習です。

・相手の取れないボールを打つ

相手に触らせないボールを打てる事で試合展開は優位に運びやすいです。
威力のあるボールと打つ事が出来る選手はそれだけで得点を取れるチャンスになります。
コース・スピン・スピードのどれか2つが優れていると相手の取れないボールを送る事が出来ます。
3つ共に優れていると一番良いのですが、3つ優れるボールを送る技術はとても難しいため、まずは2つ出来るように意識していきましょう!

・練習方法

下回転のボールを打つことから多球練習をしていきましょう!
ミスしても良いので、強いボールを打つ事だけを意識していきます。
フォア、ミドル、バックに下回転のボールを送り、沢山打つ練習をしていきます。
慣れてきたらコースはランダムにして、ツッツキがどこに来ても反応して打てるようにします!

・相手のミス待ちしない

ミスを待つという事は、卓球の試合は相手次第ということになります。
相手がしっかり返してくる場合は絶対に勝つ事が出来ません。

サーブで優位に立てないと勝てない場合や、異質ラバーで相手がミスすることを祈りながら卓球をしていると、本当に相手次第になってしまいます。
自分の力でどうやって得点が取りやすくなるのか考えていきましょう!

・練習方法

サーブで得点を取ってしまう人は、ちょっと簡単なサーブを出すように練習します。いつもサーブで得点すると、しっかりレシーブされるだけで負ける場合があります。
簡単なサーブを覚えて、ラリーで勝つための練習をします。
異質ラバーに頼ってしまう人は、異質ラバーでレシーブを繋いで、少し緩く返ってきたボールをきっちり攻撃します。
なるべくラリーには持ち込みたくないので、5球目か7球目までに得点が出来る展開を考えて練習しましょう!