【悲報】トマトは悪魔の食べ物なのかwwトマトに含まれる『レクチン』が髪の毛を…..

【悲報】トマトは悪魔の食べ物なのかwwトマトに含まれる『レクチン』が髪の毛を…..

トマトを食べ過ぎると禿げる!?

心臓病専門医のガンドリッヒ博士は、ダイエットメニューからトマトを取り除くべきであると確信しています。

トマトには多くの栄養素が含まれており、その1部であるリコピンのおかげで癌のリスクを減らすことさえできます。

しかし、ガンドリッヒ博士の著書 『植物のパラドックス』で、心臓病専門医は、心臓病のある人に食事をより批判的に見るように勧めています。 

トマトにはレクチンが含まれています。これは、植物が害虫に対する保護のために生成する一種のタンパク質です。そして、これらの物質は人間の健康に深刻な脅威をもたらします 

摂取されると、レクチンは炎症プロセスとさまざまな病気につながるメカニズムを引き起こします。つまり、健康な細胞と病気の細胞の両方を破壊します。 

したがって、トマトは慢性疲労症候群、発疹を引き起こし、脳の活動に悪影響を及ぼし、ハゲにさえつながる可能性があります。 

しかし、これは食事からトマトを完全に排除する必要があるという意味ではありません。対策を知って十分に食べれば十分です。 2NNからの引用

アメリカではレクチンフリーダイエットが流行中

そもそもレクチンって??

「レクチン」をご存知の方はいらっしゃるでしょうか?あまり聞いたことのない言葉ですよね!「レクチン」とはたんぱく質の一種です。
「グルテン」も数千種類ある中のレクチンの中の一種です。
たんぱく質>レクチン>グルテンなど多数・・・という関係性です。
この「レクチン」は植物の種子部分に多く含まれ、植物が昆虫や動物から身を守り、子孫を残すために毒となる「レクチン」というたんぱく質を生み出しました。
「レクチン」は腸を傷つけ、様々な病気や肥満の原因となります。
特にレクチンに対して過敏な人は消化機能に損傷を与え、様々な症状が現れます。

●疲労感
●皮膚炎
●湿疹
●便秘、下痢などの腸の異常
●頭痛
●睡眠障害
●リウマチ
●カンジダ症

などです。
「レクチン」に害があるといっても全てのレクチンに害があるわけではなく、「プロラミン」と「アグルチニン」という2種類のレクチンが人体に影響があると言われています。
「グルテン」はこの「プロラミン」に含まれ、植物の種子に多く含まれています。
「アグルチニン」は穀物の種皮に多く含まれ、カビの増殖を抑える働きを持っており、穀物や豆類に多く含まれています。 green morningからの引用

トマトは健康食品じゃないのか?
リコピンは体に良いがレクチンも同時に摂取してしまう。
体に良いからといって過剰摂取は何事も良く無いですね!