卓球 水谷隼 未成年と知らずに会員制のラウンジで…..

卓球 水谷隼 未成年と知らずに会員制のラウンジで…..

2020年東京オリンピックも迫ってきています。
そんな時に水谷さん何をしているのですか!?
ライブドアニュース引用

有名店でも年齢詐称….これはお咎め無し

 来年の東京五輪でもメダル獲得が期待されている彼は、人知れず男女トラブルに巻き込まれていた。

 発端は都内の会員制ラウンジ『X』だった。ラウンジとは、キャバクラやクラブのような「夜の飲食業」の1つだが、会員制を謳う高級店が多く、接客する女性がタレントやモデルの卵というケースが少なくない。特にXは女性のレベルが高いと評判の人気店で、客も芸能人やスポーツ選手、経営者などが多いことで知られている。

 水谷がその店を訪れたのは今年5月のこと──。

 さて、水谷は東京五輪を集大成に掲げている。しかし、後輩たちの台頭もあり、盤石とはいえない状況だ。

「シングルスの代表は、来年1月時点の世界ランキングで上位2名が選ばれます。昨年、全日本選手権の10連覇を狙っていた水谷は、“チョレイ”の雄叫びとともに急成長を遂げた張本智和(16才)に完敗。以後、エースの座を彼に明け渡しています。さらに丹羽孝希(24才)も侮れない存在です」(スポーツ紙記者)

 さらに水谷は今年2月、卓球専門メディアに「球がほとんど見えていない」と“視界”の問題を告白。その後、サングラスを調整するなどして見え方は改善しつつあるが、五輪選考の大事な年に、足元がぐらつき始めている。

 そんなストレスを抱える日々の息抜きのためか、水谷はXを訪れ、ある女性と出会う。ロングヘアに大きな瞳が印象的な橋本環奈似の美女、エミさん(19才・仮名)だ。彼女こそ水谷の「苦悩」の原因だが、それを語るにはエミさん自身に回顧してもらう必要がある。エミさんが振り返る。

「彼は知人男性と4人で飲みに来ていました。席に着くなり新聞を読み始めた彼には驚きました。“こういう店、あまり来ないから緊張しちゃって”って。穏やかで優しい人という印象でした。私はスポーツに疎くて、彼を知らなかったんですが、一緒に来た男性が“有名人だからLINE交換しなよ”と教えてくれて、そこから毎日連絡を取り合うようになりました。私のことを気に入ってくれて、“好きだ”とか“かわいい”って何度も言ってくれたんです。“連絡くれないと拗ねるよ”って言ったり、かわいいところがあって、電話すると必ず1時間は話していました」

 会話の大半は卓球に関するものだった。水谷はエミさんにすっかり心を許していた。

「五輪後は“引退して株投資をやる”と言っていました。張本選手たちについては“生意気なんだ”と愚痴りながらも、“おれがいなくなれば彼らも責任感が生まれてもっと強くなる。後輩の邪魔をするのは嫌。潔く引退しないと”とも言っていました」(エミさん)

 エミさんも水谷の穏やかな性格に好感を持っていた。出会いから1か月後の6月下旬の深夜、水谷に呼び出されたという。

「“練習場がある川崎(神奈川)にいるから、おいで”と呼ばれたんです。居酒屋で食事をした後、朝5時半頃までカラオケボックスにいました。彼は、EXILEや米津玄師、清水翔太の曲を歌っていました。そのうち甘えてきて、“仮眠したい”と頼まれて膝枕をしたり、後ろからハグされ、そしてキスまでされてしまって…」(エミさん)

有名人は大変…..

お金を持っていると思われるとお店からも狙われて大変ですね。
水谷隼は卓球のプロ選手で年収は1億円以上あるみたいです。
野球選手でも1億円に到達する人は稀ですよね?
卓球という日本ではマイナーなスポーツでもここまで高い人は異例ですね!