卓球女子ワールドカップ・平野美宇選手が1回戦で…..

卓球女子ワールドカップ・平野美宇選手が1回戦で…..

平野美宇が1回戦敗退!?

日本の平野選手とアメリカのチャンリリー選手の試合動画を見て

アメリカは卓球が強い国では無いのですが、意外ですね!
殆どの人が平野選手が勝つものだと思って見ていたと思います。
昨今では卓球YouTuberも増えており、卓球の技術を動画で簡単に知る事が出来るようになりました。
その為、日本でいう近代卓球をしっかりと練習しているんだなという事がわかる試合内容でした。

チャンリリー選手は基本的に逆足

試合を見てわかる通り、早い打点でバックハンドを打つための姿勢を取っています。
バックハンドで殆どのレシーブをするスタイルで、たまにフォアハンドで流しの技術を使いレシーブしています。
3球目ドライブはバックハンドの方が威力がありますね!
フォアハンドでは、ネットを超えれば良いというボールを平野選手のバック側に常に送っています。
バック対バックでは負けない自信があったのかもしれません!

チャンリリー選手情報

世界ランク49位
身長 166cm

日本選手と比べたら背が高い

背が高い選手は腕も長いですよね。
フォアハンド側に寄っている構えから、フォアよりもバックハンドの方が得意なんだと思います。
実際にハイライト動画では、チャン選手の方から攻めているのでは無く平野選手から攻撃している場面が多くありました。
守備範囲が広いのでどこを狙えば良いのかわからなくなりますよね・・・・

敗因は平野選手のバックハンドドライブ?

バックハンドのドライブが8割ほ相手のバック側、予測しやすいクロス側に打っていました。
ここからバック対バックの展開になり、ラリーに負けてしまう感じの試合展開になってしまいましたね….

ストレートに打ったボールはノータッチで得点になったりもしましたが、全てストレートに狙えるような甘いボールが来ないので難しいところですね。

平野選手はロビング打ちが苦手なのか?

サイドに切るボールをロビングでも良いという覚悟で返してきています。
このボールを失点してから相手に流れがいってしまいました。
ロビング打ちは気合と根性で打つしか無いのですが、猫背になっている人はロビング打ちが苦手な人が多いです。
卓球をしている人で猫背な人は多いのですが、まっすぐスイング出来ないので猫背改善を試みてみましょう!