【悲報】「日本にはチャレンジ童貞が多すぎる!」⇐これを作った元凶がわめき始めた模様ww

【悲報】「日本にはチャレンジ童貞が多すぎる!」⇐これを作った元凶がわめき始めた模様ww

竹中平蔵氏が、昨今の日本人男子に言及した。今の日本人はチャレンジ精神のない人が多く、童貞男子とそっくりだという。

■童貞男子とそっくり 
“下品な意味ではなく、今の日本人は『チャレンジ童貞』になっているのではないかとすら思います。自分がまだ見ぬ世界、領域、場所、体験など、未知のものを異様なまでに怖がっているように見えるのです。その様は、女性を知らないがゆえに、女性に現実離れしたイメージを抱き、恐れたり、蔑んだりする童貞男子とそっくりです。” 

給料というのは自分の生産性に合わせて払われるものなので、昨日と同じことをやっていたらいつまでも上がりません。いや、発展途上国が追い上げてくるのでむしろ下がるといっても言いでしょう。 
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00030191-president-bus_all

派遣社員制度を作り甘い汁を吸う元凶

それでは、派遣会社はどれくらいのマージンをもらっていますか?
2015年の派遣法改正によって、派遣会社に平均マージン率の公開が義務付けられるようになりました。
しかし、ほとんどの派遣会社のホームページではマージン率を公表していませんので、おそらく個別の問い合わせにのみ公開するでしょう。
それでは、個別の派遣会社ではなく、全国の派遣会社の平均マージン率はどうでしょうか?
厚生労働省の「平成28年度 労働者派遣事業報告書の集計結果」によれば、派遣労働者の平均賃金が(8時間換算)12624円に対して、派遣会社がもらっている派遣料金(マージン)が19083円ということがわかります。
つまり、全国の派遣会社の平均マージン率は33.84%というわけです。
ここで要注意なのは、派遣会社が公開するマージン率はあくまでもその会社全体の「平均マージン率」で、個々人のマージン率は残念ながら公開していません。

https://www.haken-careerguide.com/article/870/

賃金は労働の対価

言っている事は普通の事だと思います。
労働をして賃金を貰う。
自分にしか出来ないような専門性のある仕事なら賃金は増えるし、誰にでも出来る簡単な仕事なら賃金は下がります。

派遣社員のデメリット

賃金やボーナスが正社員に比べると低い、交通費が支給されない場合があるなど、派遣は正社員と比べて待遇が異なることがあります。派遣社員の給与は派遣先企業ではなく派遣会社から支払われるため、基本的には給与と別のボーナスが支払われることはありません。仕事の評価が報酬という形で現れることは少ないでしょう。

さらに多くの派遣社員の交通費は自己負担です。一見、高時給であっても交通費を差し引いた後の金額を考える必要があるので注意しましょう。

派遣社員は何故か嫌われている世の中

会社に勤めていると、この人派遣なんだとか
正社員の募集に応募しにいくとなんで派遣だったんですか?と良く聞かれると思います。
派遣社員も仕事をしっかりしている人は多いのですが、あまり良い印象は無いみたいですね。
出来るなら正社員で仕事に就けると良いのですが、難しい世の中になっていますね。
派遣社員のお給料が少ないと言いましたが、マージンを払っている分も入れると正社員よりも高くなっている人もいます。

パソナグループの会長は正社員0法案を通したい

派遣社員はスキルアップのために使うという良い印象を与え、民衆に拡散されました。
実際に色々な会社に転職することが容易です。
しかし、派遣社員に与えられる仕事は単純作業で正社員があまりやりたく無いものを与えられる事が多いです。
スキルアップさせてもらえず、繁忙期に人手が欲しいから派遣さんを呼ぶという感じで会社に使われます。

世の中派遣社員が増えれば、パソナグループに中間マージンが多く入るようになり、竹中平蔵が潤うだけです。
こんな人の意見なんて真に受けない方がいいかも知れませんね!