林高遠ALC レビュー

林高遠ALC レビュー

butterfly林高遠ALCが発売されましたね!
張本智和インナーフォースALCと何が違うのか?
使ってみてどんな感じなのかを投稿します。

硬めで簡単にボールが走る

強いボールを打つのに力を必要としませんでした。
裏裏の選手であれば凄く走る良いボールが打てるラケットです。
表ラバーや異質ラバーを扱う人は玉離れが早すぎて扱いにくいと思います。

木材ラケットとは段違い

スピードも出て球離れも良いので木材ラケットと比べると扱いにくいラケットだと思います。
ボールを自分でコントロールする事が難しいラケットなので、張本ALCの方が扱いやすいのかな?と思います。
昔発売されていた、ゲルゲリーなどのラケットよりも表の木が若干薄い為カーボンで打ってる感じが特にするラケットです。

どのラバーを合わせる?

ラケットが硬めで球離れが良いのでちょっと柔らかいラバーか少し硬いラバーが良いのかな?と思います。
ファスタークC1かスーパーヴェンタスといったラバーなら問題無いと思います。
ファスタークG1くらいの硬さだとちょっと難しいです。
おじさんはディグニクス80で合わせましたが飛びすぎて大変でした。
合わない訳ではなく、おじさんの技術的に難しいものがありました!

スピードがめちゃくちゃ出るのでノータッチで得点がとりやすいですね!

メリット・デメリット

メリット

1・誰でも速いボールを打つ事ができる
2・ブロックも速く返せるので合わせるだけで勝てる可能性がある
3・柔らかいラバーで打てばボールが伸びる

デメリット

1・緩急がつけにくい
2・ボールコントロールが難しい
3・木がしならない

オススメする選手

カーボンなので軽くてスピードが出ます。
ボールのコースを際どく狙う必要のない小学生女子とかが使うと化ける子が出てくるかもしれません。
力の無い男子選手でも、少し柔らかめのラバーで食い込ませれば後はラケットがボールを飛ばしてくれますのでオススメです。