卓球 粒高ラバーのメリットデメリット

卓球 粒高ラバーのメリットデメリット

粒高ラバーは愛好家がいたり卓球はじめて中々勝てないと思われた人にオススメする指導者がたまにいますね。
なぜ粒高ラバーが良いのか?
良く考えて変更していきましょう。

粒高ラバーを使うメリット

  • 勝手にボールの回転を変化させてくれる
    ボールの回転を変化させる事は難しいです。
    下回転のボールを上回転にして返す為には、ドライブ技術を習得しなければなりません。
    粒高ラバーなら角度を合わせて押すだけで上回転になって返球する事ができます。
  • 回転を気にしなくて良い
    裏ラバーはボールの回転に敏感です。
    下回転、横回転、上回転と角度を変えたり、スイングの方向を変えて大体の人は対応しますが。
    粒高ラバーの場合は大体同じ角度で軽く押す事で返す事ができます。
  • 粒高の練習をそこまでしなくても良い
    粒高の技術は大雑把に押す事と止める事です。
    上回転は止め、下回転は押します。
    覚える事がこの2つなので練習メニューを限定する事ができます。

粒高ラバーを使うデメリット

  • 試合で勝ちにくくなる
    1回戦や2回戦では勝ちやすいラバーです。
    相手の力量が上がれば粒高ラバーに対応されてしまい、負けやすくもなるラバーです。
  • 変化量は相手次第
    対戦相手が回転をかけたサーブを沢山出してくれれば粒高のメリットが活かせます。
    回転のかかっていないナックルのサーブを出されると変化はほぼ無く、ナックルで返す事しかできません。
    これで負けてしまう選手は多くいますね。
  • スマッシュに弱い
    ドライブには強い粒高ですが、スマッシュには弱いです。
    ドライブよりもスマッシュの方が回転が無い為返しにくいです。
  • 裏ラバーの打ち方が出来なくなる
    本当に卓球部?と言われるようなスイングになる生徒もいます。
    勝ちやすいラバーですが、生徒が望まないなら綺麗な卓球を教えてあげてほしいです。

粒高ラバーにはメリットとデメリットがある事を理解して使おう。

練習時間が足りないけど試合で勝ちたい。
運動があまり得意では無いけど試合で勝ちたい。
こういう人も多いです。
そういう生徒さんの指導についたらシェイク面のバックに粒高を貼って、練習の7割をフォアハンドの練習にします。
粒高で入れて浮いてきたらフォアハンドで打ち抜くというシンプルな卓球です。
相手が強くなるにつれて勝ちにくくなるラバーで、変化に対応してこられたら勝ちにくいです。
中々勝てない生徒を粒高にして勝たせてあげようという気持ちもわかります。
長い目で見て粒高に今変えても良いのか?良く話し合って決めていきたいですね。
自分から粒高にしたいという生徒さんにはオススメします!
熟練の粒高使いになれば色々な事が出来ます。
それはそれで楽しい卓球が出来るので自主的に変えてみたいという人は1度チャレンジしてみましょう!