卓球 サーブに頼らない展開を作った方が良い3つの理由

卓球 サーブに頼らない展開を作った方が良い3つの理由

卓球という競技でサーブとは、みんなが平等に与えられる第1球目攻撃です。
良いサーブを持っていた方が有利に展開を作る事も出来ますが、良いサーブを持っているが故に勝負に勝てなくなってしまう場合もあります。
その理由を投稿します。

1.レシーブが予測出来なくなる

この現象は相手が何のサーブか理解していない時になります。
分からないから適当にレシーブしてみよ!となって打ったボールが変な所に返ってくる形になります。
予測していない場所にレシーブをされたりすると、3球目攻撃に上手く繋がりません。

2.良いサーブに頼ってしまう

試合で10-9で勝っていてサーブ権を持っている場合にサービスエースで取ろうとしてしまう人が多いです。
サーブで取れるとかなり試合的には楽になりますが、そういう時に肩に力が入りサーブが高くなってしまったり、長くなってしまう場合があります。
良いサーブだけに頼ってしまうと、肝心な所でちょっとしたミスをして相手に得点をあげてしまうパターンが出てきます。

3.上手にレシーブされたら何も出来ない

サーブから3球目攻撃が上手な選手でも、良いサーブがあって浮いてきたボールを打つことが得意な選手だったり
回り込み3球目攻撃だけが上手な選手もいます。
浮いてきたボールを打つのが得意な選手は短い横回転系のサーブが多いです。
回り込みたい選手はコースと回転を使ってレシーブされたいところの反対側にサーブを出します。
回転を利用されたり、薄くチョンと低く短いレシーブをされるだけで3球目が打てなくなり、自分の展開にならずに負けてしまう選手がいます。

相手のレシーブ力があまり関係ない展開も作る

良いサーブが全てダメという事ではありません。
単純なナックルサーブからの展開、長い上回転からの展開も練習しておくことが大事です。
相手のフォア前にナックルサーブを出してからのオール対オールの練習や、バック側深めに上回転のロングサーブを出してからのオール対オールなどのオール練習も取り入れていきましょう。
試合で勝ち進む度に相手のレシーブ力も上がっていきます。
サーブで得点出来ていたところが得点出来なくなると、調子の上がらないまま何も出来ずに負けてしまう場合があります。
相手に簡単なレシーブをしてもらう展開を作り、上手に試合運びをしていきましょう!