卓球 自分の基本を疑う必要がある

卓球 自分の基本を疑う必要がある

卓球で基礎基本が大事だという人がいます。
当たり前なんですが大事なんです。
しかし、基礎や基本はいつの時代でも同じという事はありません。
自分の中で、こうやらなきゃこうしなきゃダメとなってはいませんか?
そんあ基礎基本を壊していく事も大事です。

現代卓球での構える位置の違い

昔から卓球をしている人は、クロスよりですぐ回り込める位置に立つ事が多いです。

昔の卓球


フォア主戦型で回り込みを常に意識し、バックハンドよりもフォアハンドを使うように卓球をしている。

今の卓球

ミドル寄りに立ちバックハンドで構える
どこにきても2球目バックハンド攻撃や、3球目バックハンド攻撃を意識している。
バックハンドでもフォアハンドでも打てるようなボールがきたらフォアハンドを使う意識をとっている。

立ち位置で選択する卓球が違う

このフォア寄りで立つのか、ミドル寄りで立つのか?という違いだけでも、基礎や基本が大きく変わります。
回り込みでもお尻からクルッと回り前に足を踏み出して打つ方法と、ラケットを軸に平行移動して前に踏み込まないように打つ方法とあります。
どっちが良いという事ではなくて、どっちも正解で打つボールに合った打ち方をしないといけないという事です。

卓球を研究しよう

丹羽孝希選手のチキータは凄く手首が曲がっていて、こんなに曲がるのか?関節おかしくない?と疑問に思う人もいるでしょう。
手首を柔らかくするトレーニングもしていると思いますが、ラケットの持ち方も変えているんです。
手首で曲げる前に、バックハンドが打ちやすいラケット角度をグリップで作り、少し手首や肘、体勢を変えてボールを捉えています。
フォアハンドとバックハンドが両方打ちやすいグリップを探して打っていると思いますが、トップ選手はフォアハンド、バックハンドでグリップを変えています。
動画を観てわかる事もありますが、チキータすげー!という意見で終わるのではなく、なんであんな事出来るのか?やってみよう!と考えて行動してみるのが上達する近道になります。

この記事は卓球おじさんのメモです

すいません。
先日練習してきて自分の固定概念が壊れるような、そんな出来事がありました。
自分でこの気持ちを忘れないようにメモとして投稿しました!