卓球 シェイクハンドの握り方を考えよう!

卓球 シェイクハンドの握り方を考えよう!

ラケットの握り方は最初に教わる事ですね!
ラケットと握手するように握ろうと教わる人や、親指と人差し指でサンドイッチして握ると教わる人や、小指を支点にして握ると教わる人がいますが、どれでも正解なんですね!
色々な握り方があります。
どれが良いとかどれが悪いという訳ではなく、この握り方がどう打ちやすいのか?という事を考えれるようにしましょう!

グリップ浅め、小指支点で握る

この握り方は手首を柔軟に使うことが出来ます。
ラケットの遠心力で軽く振る事も出来ます。
浅く握っているので、面を軽く合わせて弾く打法が簡単ですね!
自分の腕を鞭のように振ってみると面白いスイングになります。
一番のメリットは、ラケットの面を簡単に変える事が出来るのでコースがバレにくいという点です。
レシーブでも当てる直前に面を少しずらしてあげれば、コースを変える事が出来ます。
打つ時でも、シュート回転にしたりカーブ回転をかけたりとラケットの角度を調整するの事が簡単なので、色々なボールを打ちたい人にオススメです!

グリップ深め、親指を立てて握る

親指を立てて打つ事はシェイクハンドの選手では常識なのかもしれません。
バックハンドが物凄く打ちやすくなります。
チキータしたり、ドライブしたりする時に親指に力を込めて打つとスピードが早くなります。
メリットはラケットの面を下に向けやすくなります。
はじめて間のない人でも簡単にバックハンドドライブを打つ事が出来るグリップです。
ただしフォアハンドを打つ時にグリップを変えないと、手首を巻いてしまっている状態になりやすいです。
フォアとバックでグリップを変える練習も必要ですね!