卓球 多球練習の球出しを超簡単に送る方法が…

卓球 多球練習の球出しを超簡単に送る方法が…

多球練習がしたいなぁと思っていても中々環境が整わなかったり、練習メニューがわからなかったりボールの送り方がわからないという人も本当に簡単に多球練習が出来るので是非挑戦してみてください。

ボールはワンバウンドで送る

ノーバウンドで送れた方が速いボールや回転のかかったボールになるので好ましいのですが、切り返しの練習、フットワークの練習ならワンバウンドでも十分です。
相手のコートにバウンドするタイミングで自分のコートにワンバウンドさせてボールを送りましょう!
これならボールを送るのが遅すぎるということもないので良い練習になります。

サーブからの多球練習

下回転のボールをコントロールして送る事は意外と難しいです。
押し出してしまうと回転が無いボールになってしまったりします。
下回転のサーブを出し、ツッツキから4球目攻撃を打った後にボールを送る多球練習等をオススメします。
この練習のメリットは球出しする方もサーブとツッツキの練習が出来るという事です。
その後にボールを2球か3球くらいワンバウンドで送れれば下回転からの多球練習が出来るので是非試してみてください。

高いボールを送る

ある程度高いボールをスマッシュする練習は非常に効果的なので是非試してみてください。
真っ直ぐ立ち体で打つ事はフォアハンドの基礎なのでこのように簡単な多球練習をすると送る方も打つ方も調子が上がる時があります。
打つ方が1人だと棒立ちで打つ癖が出てきてしまいます。
5人1組を作り、1人球出し、3人打つ、1人ボール拾い、というように役割をわけて練習すると公平に出来るのではないでしょうか?
飛びつきでスマッシュをする練習にして、クルクル回るような多球練習にすると体力のトレーニングになるのでオススメです。

多球練習の球出しを簡単にする為に…

  1. ボールはワンバウンドさせてから
    ノーバウンドで送るよりも技術が必要ない
  2. サーブレシーブを混ぜる
    下回転のボールを送る事が難しい人はサーブから
  3. 高いボールを送る
    ワンバウンドでもノーバウンドでも高いボールなら簡単

多球練習のメリット

多い球と書いて多球なのですが、小学生や中学生、卓球をはじめて間もない人は沢山ボールを打てば打つほどに強くなります。
何度もラリーを続けるには技術が必要なのですが、何回ミスしても練習メニューの区切りまでボールが返ってきます。
多球練習を打つ方には技術が無くてもボールが沢山打てる良い練習なので取り入れれる人は取り入れてみてください。

多球練習のデメリット

何回ミスしても良いやという気になってしまう人がたまにいます。
この意識で練習してしまうと、1球練習になった時にでも簡単にミスをしてしまいます。
この意識になってしまわないように注意してください。
狭い環境下でも良い練習は出来るのですが、卓球をする場所で別の競技等も同じ時間に行っている場合は注意が必要です。
小さくて意外と硬いボールのため、急に足元に転がってきたら怪我につながってしまいます。
多球練習をする時はまわりに配慮する必要があるという事も頭の片隅に入れておきましょう。