卓球 ダブルスが上手になる練習方法…①

卓球 ダブルスが上手になる練習方法…①

卓球のダブルスで必ず守るルールがあります。
サーブは右利きのフォアクロスにしか出してはいけない。
交互に打たなければならない。
この2つです!
サーブと戦術理解力を強化しないとダブルスでは勝ちにくいです。
この2点の事を投稿します。

ダブルスのサーブを練習する

シングルスで出しているサーブでいいでしょ?という人もいますが、ダブルスではコースが限定されてしまいます。
回転をかけてもボテボテのサーブでは話しになりません。
ダブルスのサーブはシンプルで相手が打ち抜きにくいサーブを出しましょう。

  1. 低く短くナックルのサーブ
    チキータは回転の無いサーブでも出来るが威力がない為カウンターを狙う事が出来る
  2. 低く短い下回転のサーブ
    ストップされたりチキータされたりはするがナックルを活かす為には下回転のサーブが大事
  3. 低いナックルのロングサーブ
    短いナックルのサーブと同じモーションで出せるようになるのが理想です。相手が短いサーブを意識していればかなり効果的になります。
  4. シングルスの時のような複雑なサーブ
    リードしている時などに使います。
    相手にレシーブミスをさせる為に使うような物なのでこれをメインにしないようにしましょう

なぜシンプルなサーブが良いのか?

シンプルなサーブであれば相手のレシーブもシンプルになりやすいです。
ストップかフリック、場合によってはチキータなのですが、低く出せばストップは全面、フリックはミドルクロス、チキータはストレートとレシーブが分かりやすくなります。
フリックが上手な人が相手だと全面にきますが、ここは相手の力量で試合中に判断します。
相手のレシーブを限定出来れば3球目攻撃が決まりやすくなります。

コースを打ち分ける練習をする

ダブルスは交互に打つ競技です。
打ったら邪魔にならないように動いてパートナーが打てるスペースを作らなければなりません。
このルールの為、打球した人を狙うのが理想です。(前陣であるなら)
回ってスペースを作るのか、スライドしてスペースを作るのか、相手の動きを良く見てコースを突いていきましょう。
上手くコースがつければツッツキで得点が出来るのでリスクも無く1点を積み重ねれる可能性もあります。
相手に左利きがいる場合はストレートを狙えるようにしておきましょう。
動きが交差するので相手の打点が下がっていきます。
下がってくれたらこちらが前で打てるので勝ちやすくなります!

ダブルスの基本的な動きは3種類

  1. 右同士なら右回り
    右回りにクルクルと回るフットワーク
    初心者にはじめて教えるフットワークです。
  2. T字フットワーク
    異質の選手と組む時や前と後ろが分かれている時のフットワークです。
    前陣の人が前でちょろちょろして後陣の人が後ろからドンと打つかカットするかという展開です。
  3. ハの字フットワーク
    左と右が組むと自然とこのフットワークになります。
    少し斜め後ろに動くだけでスペースを作れます。
    非常に楽なフットワークなので左利きがダブルスに選ばれるんですよね!

戦術理解度を高める?相手を見る時間を作る

ダブルスは相手を見る時間がある競技です。
1歩早く動く選手がいれば、動く方向の逆コースを突くだけで簡単に点数を取る事が出来ます。
どのコースに打てば、どこらへんに返ってくるのか?
相手が回り込み3球目を打ちたがっているなら、フォア前にストップすればストップは出来ないのでは無いか?

このような単純な事で良いのですが、相手を見る時間があり、タイム中に作戦会議を1分でして相手を攻略する必要があります。
相手のサーブをパートナーが先に受けてくれたら2ゲーム目はサーブの情報があるのでやりやすくなります。
情報交換も大事なので、相手の事を知りながらプレーする癖を作りましょう。

まとめ

  • ダブルス用のサーブ練習をする
    シンプルで低いサーブをキチンと出せるようにしましょう
  • コースを打ち分ける練習をする
    回り込んでクロスにしか打てないとダブルスでも勝ちにくい、ストレート・ミドルにも打てるようにしましょう。
  • 相手を見る練習をする
    ダブルスでは少し時間の猶予があります。
    その時間で自分のパートナーを見てしまう人もいますが、自分の対戦相手を良く見るようにしましょう。
  • 自分に合ったフットワーク練習をする
    フットワークが全てです。
    動いて打てなければダブルスでは勝てません。
    2種類のフットワークは練習しておくと良いですね!
    どのような展開になっても対応する事が出来ます。