ディグニクス09C レビュー 

ディグニクス09C レビュー 

ディグニクス09cを使ってみたレビューを投稿します。
バタフライから発売された粘着ハイテンションラバーです。
このラバーは今までの粘着とはちょっと違う。
下回転のボールを持ち上げれない人の救世主になるかもしれない!

今までにない新感覚な粘着ラバー

ボールが粘着ラバーなのに弾み、粘着ラバーの特性も残している面白いラバーです。
振って当てれば入るラバー
こんなに良い粘着ラバーは初めてです!

ボールが勝手に上に飛ぶ

普通に当てるだけで、ボールが勝手に弧線を描いて飛んでいきます。
回転も一定量が勝手にかかるので、上に飛んでも台の中に収まってくれます。
下回転のボールも楽々ドライブでボールが持ち上がります。

スマッシュも打ちやすい

下に向けて食い込ませるとドライブになり、面を立ててインパクトを強くするとスマッシュになります。
どちらもやりやすいです。
カット打ちを角度打ちとドライブの両方で試しましたが、安定してボールが入ってくれます。

カウンターは打ち放題

相手のドライブを面を下に向けてのカウンターが物凄くやりやすいです。
そこそこの球威で簡単に入るので、カウンターとかで悩んでる人は一度試してみてください。

デメリットはスピード….

他のディグニクスシリーズに比べてスピードが出ないんです…
上手く相手の力を利用してと試してみたのですが、80で打った方が倍くらいボールが速いです。
安定して入れたい人向けのラバーですね!
フォアとバックがあるシェイクハンドを使っている場合は自分が苦手だと考える方にディグニクス09Cを貼ると安心感が出ますね!

重量

実際に測った訳ではないですが、DNAやV15と大差が無いです。
中国系ラバーは重たいと頭の中で思っていましたが、ディグニクスは微粘着系ラバーなのでそこまで重くないですね!

実際に使うのかどうか?

こればかりは値段と相談ですね。
安定するボールが欲しい人は弾まないラバーを選択しても安定感は得られます。
金銭的に余裕のある人、卓球で勝ちたい人は1度試してみてほしいです。