卓球 プレーの幅を広げてころっと負けないようにしよう!

NO IMAGE

卓球には色々な技術があります。
大雑把に
サーブ・レシーブ・ドライブ・ブロック
この4つですが、フォアハンド、バックハンドで分けると8つになり、回転を考えるとどれだけあるのかわかりません。
完璧に出来るようになるまで練習すると時間がかかりすぎてしまうので、80点くらいまでの技術練習をして、少し出来るようになったら他の技術を覚えたほうがプレーの幅が広がります。

目的を持って練習をする!

回り込みの3球目が打ちたいのか、バックハンドの攻撃がしたいのか?自分が何を覚えたいのか考えて練習に取り組む事が大事です。
闇雲に練習しても中々強くなりません。
目的意識を持って練習に取り組みましょう!

重点的に覚えたい技術は多球練習

はじめてやる技術等はミスが多くでます。
1球練習でやるとミスばかりで練習にならない時があります。
はじめは多球練習でミスをしても良いからやってみる事が大事です。
流行りならチキータをやってみたり、背面打ちをやってみたり、やりたい練習を取り入れる事が大事ですね!
やらなければ一生出来るようにはなりません

プレーの幅を広げる為に簡単に言うと

オールラウンダーになるという事なのです。
日本の男子で言うと水谷隼選手のような、安定してなんでも出来る選手を目指そうという形ですね!
カットマンの選手なら英田選手をお手本にしたりすると良いですね!

守備的な技術も練習する


無理して攻撃を選択するのではなく、守備的な攻撃を選択するということも大事です。
ツッツキをバック深くに3球目で送ったり、下回転や難しいサーブをやめてナックルのロングサーブや上回転のロングサーブからラリーをする展開を作ったりと三球目で決める!ということを意識しすぎないようにプレーする事が安定的に勝てるようになる秘訣ですね!

まとめ

  • 自分のやってみたい技術を課題練習に取り入れる
    出来ない事が少しでも出来るようにしましょう!
  • 早く覚える為の多球練習を取り入れる
    1球ずつでやるよりも効率的です。
  • 打つ事が全てではないと理解する
    ツッツキやストップでも得点を重ねれる事を意識した練習にしましょう!
  • 目指すのはオールラウンダー
    総合得点が80点くらいになるように練習しましょう!