卓球 家でも出来る練習!サボっている人と差をつけよう!

卓球 家でも出来る練習!サボっている人と差をつけよう!

コロナウイルスで練習が出来ない人が多いですね。
家で出来る練習メニューを紹介します。
中級者の人も上級者の人も昔やってたなぁと感じるはずです!
家で何もせずにゴロゴロしてる人と差を付けていきましょう!

1.玉突き 

ラケットの上でボールをポンポンと玉突きですね!
フォア面、バック面、両面交互にとやりましょう。
手に感覚は残ります!
小さく飛ばしたり、大きく飛ばしたりとコントロールする事を意識して練習します。

慣れてきたら回転を加える

ただポンポンとしても楽しくなくなってきてしまいます。
回転を加えても真っ直ぐ玉突きが出来るか挑戦しましょう。
右回転をかけて左回転をかけるのは少し難しいので、同じ方向の回転をかけながら玉突きをするのが良いですね!
ボールコントロールの練習になります!

2.イメージトレーニング

自分の好きな選手が言えるように動画を見てトレーニングしましょう!

僕はいつもクレアンガ選手を見ています。
どんな選手が自分に合うかはわかりませんが、好きな選手の好きなプレーを真似する事が大事です。
出来ない時だからこそ、上手な選手を見て勉強する事が大事ですね!

3.トレーニング

動かさないと身体が鈍ってしまいます。
出来る時にやろうとしても身体が動かない状態になってしまいます。
外を走ったりすることが可能であれば走りたいのですが、都会では難しいという場合はスクワットや、空気椅子、カカト上げなどの下半身のトレーニングと、腕立て伏せ、腹筋、背筋、という上半身のトレーニングですね!
身体も硬くなってしまうので、お風呂上がりに柔軟は必須です!
ダンベルやスブリー等を持っている人はそれで素振りをすると力のあるスイングができるようになります!
1度重たい物で素振りをしたら、次はラケット等も持たないで素振りをしましょう!
スイングスピードを速くする素振りも取り組みましょう!

まとめ

家で出来る簡単な練習です。
出来ないとダメという事でも無いです。
コロナウイルスが収束した時にいざ卓球をしようとなって自分をパワーアップしたい人が、このようなトレーニングに取組むと良いですね!