卓球 道具を変えすぎない方が良い3つの理由

卓球 道具を変えすぎない方が良い3つの理由

卓球には色々なラバーやラケットがあります。
沢山使って卓球を楽しむ!という人は良いのですが、卓球を強くなりたいという人は同じ道具を使って自分の技術を向上させる事も視野にいれないといけません。
色々な人の意見を聞いて、このラバーが良いのかな?あのラバーが良いのかな?と思うところもあるでしょう。
道具を変えすぎてフォームが定着しない人もいます。
よく考えて卓球のステップアップをしていきましょう!

ラバーを変えなければ自分を変える必要がある

ドライブが全然入らない!という日もありますよね?
皆ラバーの性にして自分と向き合わない人もいますが、大抵は自分の性なんですね。
入らない理由をラバーにしてしまったら、何も入らなくなってしまいます。

自分の何を変えなければいけないのか?
ボールが入らない理由が3つあります。

  • ラケット角度が悪い
    角度が合ってなければスマッシュやツッツキは入りません。
  • スイングスピードが遅い
    回転をかけるのに、遅いスイングでは回転がかけにくい
  • インパクトがズレてる
    これがズレると入るボールも入りません

この3つを意識して練習に取り組んでみましょう!

上手になったのが理解出来る

ラバーやラケットを変えたから速いボールが打てるようになって上手になったのか、自分の練習の成果でスイングスピードが向上し速いボールを打てるようになり上手になったのか?というのがラケットやラバーを変えない選手は直ぐにわかります。
コロコロ変えてる人は、自分が上手になったのか、ラバーのおかげで速いボールを打てているのかわからなくなる人もいます。
ラバーの性能で速いボールを送っている人にありがちな事はボールコントロールが出来ていない人が多い事です。
自分に合っているような道具を見つけれたら、ステップアップするまでは、固定してみましょう!

卓球に迷いがでない

道具を変えなければ、自分のフォームに悩む事が減ります。
どうやって打ってたっけ?という悩みが減るので道具を変えすぎない事をオススメします!
スイングが迷子になっていると、何をしていいのかわからなくなったり、自分にイライラしてきてしまう場合もあります。
沢山練習時間が取れない時は、なるべく道具を変えない方が良いですね!

まとめ

道具を変えなければ自分が成長したことを実感できます。
しかし、新品には変える必要があります。
強くなりたいという人は、遅くても3ヶ月に1度はラバーを交換した方が良いですね!

自分の実力で扱えるラバーにステップアップしていきましょう!
グランディ→マークV→ヴェガ→???
このような形です。
自分に合った道具を使うことが上達の近道には変わりはありませんが、1ヶ月に1度コロコロ変えるのは上達の近道にはなりません。
上手に卓球の道具と付き合えるようになると良いですね!

本命ラケットと2番目ラケットを作り、ラバーを試すようと試合用のメインを分ければ良いかもしれません!