VICTAS VO>101,102,103 ラバーレビュー

VICTAS VO>101,102,103 ラバーレビュー

VICTASのVOシリーズのレビュー

V0は人気が出てきている商品ですね!
ミズノのブースターと比較する人もいますが、最近はVOの方を使っている人の方が多いです!
VOシリーズは3種類あります。
どれがいいの?と悩む人にわかりやすいように、どんな事が得意なラバーなの?という事を投稿します。

VO>101

101は縦目でナックルが出しやすいラバーです。
一番簡単に出来る事は台上の技術、ブロック、スマッシュの3つです。
この3つがナックルになりやすく、相手が簡単に返球出来ないようなボールになって相手コートに刺さります。
自分が相手をしたら嫌だなぁ..と感じるラバーの1つです。
ドイツ製のスポンジを使っており、柔らかく操作性は高いのですが、若干慣れが必要なラバーです。

VO>101のオススメタイプ

スピードで打ち抜きたい人
ラリーをしたくない人にオススメです。
慣れるまでに時間は若干必要ですが、自分で簡単に打ったボールで相手がミスしてくれるレベル帯もあります。
ナックルのボールを送り、相手が浮かしてきたボールをスマッシュ!という展開が多くなるラバーです。

VO>102

102はスピン系の表ラバーです。
一昔前の卓球人からすると、このラバーは表じゃない!裏だ!というようなレベルの表ラバーです。
スピンが簡単にかけれます。
ナックル性は低く、表としてどうなの?と問われる場合があります。
表ラバーの特性は
・回転に鈍感である
・軽い
・初速が速い
この3点で言えば表ラバーの特性を残しています。
回転がかけやすいという訳ではなく、回転をかける打ち方と、かけない打ち方を使い分けないといけません。
裏ラバーみたいに自動に引っかかるラバーではないので、しっかり引っかけて打つと回転はかなりかかります。
上手にラバーの表面でかけれれば、裏ラバーよりも回転のかけれる人もいます。

VO>102のオススメタイプ

回転をかけたいけど力がない
裏ラバーだったけど表ラバー使ってみたい
そんな選手にオススメです。
そこまで抵抗なくラバーを変更できます。
ラリーで勝つのを求める選手にオススメですね!
前陣で気持ちの良いラリーができるラバーです。

VO>103

103はバランスタイプと書いてありますが、これがまた中途半端タイプです。
スピードも出るし、回転もかけれるけど、回転はかけにくいし、スピードも出しにくい。
そんなラバーです。
裏話を聞くと、モリストSPに似せたラバーを開発しようとしたみたいです。
一番良いメリットは使い分け出来るという事なのですが、安定感ならVO102、ナックル性を目指すならVO101
このラバーで一番良いと感じた点は、安定したナックルを送る事の出来るという事です。

VO>103のオススメタイプ

ナックルのボールを送りたいけど安定感も欲しいという人
色々な表ラバーの技術を試してみたい人にオススメです。
どっちかの両極端を目指すなら103ではない方が良いのですが、プレースタイルの幅を広げるには103をオススメします!

表ラバーにも色々ある

表ラバーには縦目と横目があります。
縦目の方が昔の表という感じがしていますが、横目の表ラバーが最近の主流です。
自分のやりたい事に合う表ラバーを選択出来ると良いですね!