卓球 短いサーブを低くコントロールする2つの方法‼️

卓球 短いサーブを低くコントロールする2つの方法‼️

卓球のサーブは超重要です。
誰にも邪魔されない1球目攻撃です。
サーブ権を持っているのに、相手に2球目攻撃をされてしまったりするのは非常に勿体ない!
相手に打たれても良いのですが、抜かれるようなボールを打たれないように低く短いサーブを出せるようになりましょう!

1.サーブを低く出す方法

ボールが落ちてきたらラケットで擦る
短いサーブが高くなってしまう人でありがちな事です。
サーブの出す位置が高いとピン球の弾む力も強くなってしまいます。
上から下に回転をかけているので回転もかかりません。
ボールが落ちてきて自分のおへその前でサーブが出せるようになると良いですね!
おへその前をスライドする形でスイングして、ボールを台で滑らせるようにコントロールします。
低く真っ直ぐボールが飛ぶように意識しましょう!

2.サーブを短くする方法

サーブを短くするには、1バウンド目をどこにバウンドさせるのかが重要です。
ネット側迄ボールをゆっくり飛ばせば短いサーブを出すことが出来ます。
2バウンド目を狙うとサーブは長くなってしまいがちです。
1バウンド目を意識してサーブしましょう。
ボールは推進力で進んでいくので、1バウンド目で止まるようにサーブを出します。
必ず短いサーブが出せるので練習しましょう!

3.応用編

自分のコートのエンドラインにバウンドさせて短いサーブを練習しよう!
前に飛ばしてしまうと長くなってしまうので、ボールにラケットが当たった瞬間にラケットを台の下に逃します。
そうすると推進力が少し弱くなって短いサーブを出す事が出来るようになります。
これが出来るとロングサーブが来る!と待っている人にショートサーブを出す事が出来るので、2球目攻撃がされにくいです。
1バウンド目を工夫する事でもサーブ力が強くなり、得点に繋がります。