卓球 粒高ラバーで回転をかける技術を覚えよう!

卓球 粒高ラバーで回転をかける技術を覚えよう!

卓球の粒高ラバーは相手の回転を反転して返す事に特化しているラバーです。
相手が凄いドライブ回転のかかったボールを打ってきた場合に粒高ラバーでブロックすれば凄い下回転のボールで返球することは可能です。
今回の紹介する技術は、粒高ラバーで順回転の回転をかける技術を紹介します。

粒を同じ方向に倒す

インパクトの時に粒を一定の方向に倒すことを意識してツッツキやブロックをしてみましょう。
ツッツキは下回転で返り、ブロックは上回転で返す事が出来ます。

スイングはコンパクトでインパクト重視

バックスイングやフォロースイングが大きくなると少し難しいラバーです。
一瞬だけに集中してボールを擦ります。
球持ちが良いラバーではないので、速く打球点に入りインパクトを意識して打球します。
インパクトがしっかりしていれば粒が同じ方向に倒れます。

粒と粒の間にボールを入れるイメージ

何を言ってるの?となるかも知れませんがツッツキの場合、ラケットを垂直にツッツキするのではなく、水平気味にツッツキをします。
この時に粒の間にボールを入れてインパクトした瞬間に戻るイメージでツッツキしましょう!
はじめはオーバーミスが増える方も多くいますが、下回転のボールを下回転で返す事が出来ます。
上回転のボールをブロックする時も少しラケットを下に伏せて粒の間に入れるイメージで少し上に擦るインパクトをすると上回転で返す事ができます。

粒高ラバーの指導方針は…

小学生、中学生の選手に粒高を使わせる時は運動神経が鈍い子に使わせる場合が多いです。
粒高でボールを押し返すだけで勝てる相手もいるからです。
ワンパターンの技術しか使わないので覚える事もシンプルで簡単です。

回転がかけれるようになるメリット

  • 試合展開を増やせる
    下回転のボールをツッツキで返せれば、相手もツッツキしてくる場合があります。4球目ドライブの展開を作る事ができます。
  • 相手を悩ます事が出来る
    押すしかできないと同じボールしか送れないので段々相手が慣れてきて簡単に打たれるようになってしまいます。
    回転がかかっていて伸びたり沈んだりするボールを送れるようになると相手が考えてくれるようになります。