卓球 ツッツキミスを減らす方法!

卓球 ツッツキミスを減らす方法!

卓球のツッツキという技術は意外と軽視されています。
最近ではチキータやドライブが主流になり、ツッツキというものを取り入れる時間が減っています。
相手の下回転のサーブをコントロールしてツッツキが出来れば、良い四球目攻撃に繋がります。
まずはツッツキをミスしないように練習しましょう!

ボールの頂点より少し後をゆっくり擦る

上昇球をツッツキするのは難しいです。
面が上に向いてるのに、跳ね上がってる所でツッツキは非常に難しい技術です。
下降球に合わせて優しく擦るようにしましょう。
この時のバックスイングはおへその前迄です。
体の後ろまでバックスイングを取ろうとしている人がたまにおります。
相手の回転を利用して相手コートに返す技術の1つなので力はそこまで必要ありません。

ボールを下から押さない

ツッツキのオーバーミスが多い人のでありがちな例はボールの下にラケットを折角入れたのに、上に押し上げようとしてツッツキしてしまっている場合があります。
面は上に向けて、下から上にスイングをするとオーバーミスしやすくなります。
ツッツキは少し上から少し下に斜めにスイングする形が良いですね!

回転のかかってないボールの対処方法

ボールに回転がかかっていなかったり、上回転だった場合の対処方法です。
これもツッツキ出来れば、相手サーブの時は全てツッツキしてからのカウンターという戦法を取れます。
上回転やナックルに対しては、面を立てる事が好ましいです。
しかし相手の回転がわかっていなければ瞬時に面を立てる事も出来ません。
ラケット面は上を向けたままの対象方法
前にスイングしない事です。
ボールを当てる直前なら回転はある程度わかります。
少し伸びたり沈んだり曲がったりと色々な要素があるので良く観察しましょう。
ボールの下に入った時にラケットを少し横にずらすようにツッツキします。
回転の読み違いで浮いてしまう事はありますがツッツキで入れる事は出来ますので試してみてください。

このツッツキができるようになったら攻撃的なツッツキを練習する。

攻撃的なツッツキは難しいです。
まずは上の3つをマスターしましょう!