卓球 下回転のボールを簡単にドライブする方法

卓球 下回転のボールを簡単にドライブする方法

卓球は回転のスポーツです。
下回転のサーブを出せば、高確率で下回転のレシーブで返球されます。
この時にこちらからドライブをして攻撃出来る展開を作りたいと感じる人も多いですよね!
卓球をはじめて直ぐの方でも出来るような3球目ドライブの方法を投稿します。

ラケットの打球面を開く

下回転のボールはラケットが垂直な状態で打球するとネットに向かって飛んでいきます。
面を開くという事は少しラケットを上に向けるイメージです。
手首よりも人差し指が後ろの位置にあると確実にラケットの面は開いています。
面が開くだけでボールをネットより上に上げやすくなるので下回転をネットミスしてしまう人は意識して下さい!

体の後ろにスイングする

前にスイングするとボールは直進し、お辞儀するように飛んでいきます。
卓球に慣れてきて回転をかける方法が分かる人はこの前に振るスイングで良いですが、卓球をはじめて間もない人は回転のかけかたを理解していない場合があります。
ラケットを台の下から体の後ろにスイングするとループドライブが打ちやすいです。
最近流行りのスピードドライブとはいきませんが、安定してボールが入ります。
中学の1年生や2年生のレベルだとカウンターを狙って打てる子も少ないのでドライブをミスしない事が大事です。