卓球 粒高初心者にオススメのラバー!

卓球 粒高初心者にオススメのラバー!

卓球をはじめたら大多数の人がシェイクハンドで両面が裏ラバーの場合が多いです。
粒高に変えるきっかけは人それぞれですが、はじめは使いにくく粒高にするメリットは何?と考える人も多いです。

裏ラバーから粒高に変更したい人にオススメの粒高ラバーを紹介します。

カールP-H

カールシリーズのp-hのOXをオススメします。
粒が硬く低めなのであまり抵抗無く打つ事が出来ます。
変化量は少な目ですが、ブロックもやりやすいです。
粒を扱う技術を覚えるにはこのラバーが色々な事をやりやすくオススメします。

粒高ラバーを使うメリットの1つとして変化量を求める場合があります。
このラバーはそこまで変化量を求めれないので自分で変化させる技術を磨きましょう!

カールP4

またカールシリーズです。
このp4は柔らかく回転がかけやすい粒高ラバーです。
プッシュはやりにくいですが、ツッツキで回転がかけれるラバーです。
安定して打つ事が出来るラバーなのでオススメです!

このラバーは粒を同じ方向に倒しやすいのが特徴で、ツッツキやドライブの回転がかかってしまいます。
相手がやりにくいと感じる事はあまりありませんが使いやすいです。

ホリゾンタル 20

スティガさんが販売しているホリゾンタルもオススメです。
これも柔らかく回転がかけやすいラバーです。
カールP4と良く似ています。
P4よりも少し飛んでいってくれる感じがあります。

プラボール対応の良いラバーですが、カールP4とそこまで差がありません。
カールの方を使う人が多いのでホリゾンタルを選ぶのも良いのではないな?と思います!

粒高のメリット・デメリット

粒高ラバーを使用する時の注意点

  • 安定して入らない
    不安定なボールを送る為、一定のボールが入らない
  • 相手がミスをしてくれる
    不安定で不規則なボールを送る事が出来る為相手がミスをしやすくなる
  • ラバーの交換頻度を少なく出来る
    気になる人は直ぐに交換しますが、初心者の方なら3ヶ月以上そのままでも気にならないです。

打ちやすい粒高ラバーは取られやすい

こちらが打ちやすいという事は安定するという事です。
その為、相手も取りやすくなってしまいます。
しかし、何度打たれても相手コートに返す事がやりやすい方が最終的には勝ちやすいです。
男子で異質系を使う選手が少ないですが、地方の上位には何人かいます。
粒高で勝てるように練習してみましょう!