卓球 ループドライブを上手く使って時間を作ろう!

卓球 ループドライブを上手く使って時間を作ろう!

近代卓球では速い卓球が有利とされ、スピードドライブをメインに指導する場合が増えてきました。
ループドライブはカウンターをされやすいボールでもありますが、狙いどころや相手の立ち位置を良く見て使えば有効な攻撃手段にもなります。
ループドライブをマスターして少し簡単に勝てるようになりましょう!

相手の立ち位置を見る

ループドライブを使う時に1番重要なポイントは相手の立ち位置です。
前にいる時に卓球台の中央にループドライブを打つとスマッシュが打ちやすいです。
後ろにいる時にエンドライン側に狙えばカウンターが打ちやすいです。
相手が前陣攻撃マンにはエンドライン側
中陣くらいからのドライブマンには中央の安全地点に狙いましょう!

低いループドライブと高いループドライブを使い分ける

ループドライブは全てが高い訳ではありません。
低いループドライブを覚えると、得点力が上がります。
高いループドライブは頭の後ろにスイングすればボールが高く上がり打ちやすいです。
低いループドライブは顔の前に振り抜けばボールは上がりすぎない低いボールになります。
全て高いボールにならなければ相手も的を絞りにくくなります。
回転量があると低いボールはかなり取りにくいです。
高いボールは相手が合わせてくれるようなタイプなら回転は無い方がブロックで失点してくれます。
前にスイングするタイプなら回転をかけた方がオーバーミスしてくれます。

3球目攻撃は安定感が大事

ミスしない事が大事な事の1つです。
ドライブで決める事も大事ですが、ミスしない事も大事です。
ボールを入れても勝てない事もありますが、入れないと勝てないのが卓球の競技です!
安定感アップする為にもループドライブを覚えて回転をかけて入れる事を覚えましょう!

時間が作れる!

卓球は回転と速さの球技です。
相手がこちらよりも速いのに速いボールで対応すると時間がドンドンなくなっていき間に合わなくなります。
遅いボール速いボールを上手に使えるようになりましょう!

緩急を使って得点力を上げる

速いボールを送った後に深くゆっくりなボールを送る事はピンチになりそうな感じがしますが、速いボールを待っていた場合ゆっくりなボールが非常に打ちにくいです。
速いボールだけを送る必要が無い事だけ頭に入れておきましょう!