卓球 回転をかければ勝てるわけでは無い!回転をコントロールできるようになろう!

卓球 回転をかければ勝てるわけでは無い!回転をコントロールできるようになろう!

卓球ではドライブはとても大事な技術です。
自分の打ったボールに上回転を加えて相手コートに打つボールです。
自分で回転をかける事で出来る事!

  • 相手の回転に負けないボールを打てる
  • ドライブ回転をかけると弧線を描く安定したボールが打てるようになる
  • 相手のブロックミスを誘える!

簡単に例を出すとこのような形です。
しかし、中途半端なドライブは相手に取られやすかったり、回転がいつも同じだと、1ゲームで慣れられて相手に簡単に返されてしまいます。
ドライブの回転をかけれるようになるだけで試合に勝てるようになる訳ではありません。
色々な技術を覚え、試合に勝てるように練習しましょう!

1.前後フットワーク

文字通り前後に動くフットワークです。
場所によってはI字フットワークというところもあるみたいです。

前で打つ時は面を合わせてフォア打ち
後ろで打つ時は面を下に向けてドライブ

この2つの打ち方を意識して練習しましょう。
後ろから打つドライブは前にスイングすると、ボールは早くなりますが安定感が失われます。
続ける練習を意識してラケットは腰からおでこ辺りを目掛けてスイングするようにしましょう。

2.5球目ループドライブからのスマッシュ

3球目ループドライブの練習を多く取り入れがちですが、ツッツキやストップは非常に大事な技術です。
ツッツキを変化させる技術、ツッツキの回転をかける技術も覚えて、ループドライブを練習しましょう

相手コート深くに肩くらいまで跳ね上がるループドライブ
ブロックが浮いてくるのでそのボールをスマッシュ

この2つの技術を覚えます。
ループドライブは腰から頭の頂点に向けてスイングすると簡単に出来ます。
回転量も大事ですが、エンドライン側に高いボールを送る事を意識しましょう。
相手がブロックする構えなら、腰の位置を少し上げる事が出来、後ろから前に押すようにブロックされれば、高いボールが自然に返ってきます。
回転をかけ、相手のブロックを浮かせる技術も大事ですが、ボールの高さをコントロールしてブロックを浮かせる技術も大事です。

スマッシュはラケットの位置は肩から腰に向けてコンパクトに振り抜きましょう。
ボールの横を叩くイメージでスイングします。
前に押すようにスイングしてしまうと、回転に負けたり、高いボールをそのまま押してオーバーミスになってしまいます。
高いラケット位置からダウンスイングを意識して打ちましょう!

3.バッククロスでのツッツキから回り込みスマッシュ

ツッツキ対ツッツキに試合でなることは中学生の地区大会レベルまでのような気がしますが。
ツッツキの技術は大事です。
自分でスマッシュが打てる!というボールを見極めてから回り込んでスマッシュする練習です。

ツッツキで回転をかけないボールを送る(次に攻撃がやりやすいツッツキを送る)
回り込み面を合わせて角度打ち(スマッシュ)を打つ 腰から近い胸に向けてコンパクトにスイング

ツッツキを変化させる事で自分の攻撃パターンを作りましょう。
下手にドライブでリスクを負うよりも効果的な場合があります。
ネットよりもボール2個分高いツッツキがこればスマッシュで打つ事が可能です。
面打ちは基本的にバックスイングも取らずにコンパクトに振る事を意識しましょう。
スマッシュは伸びるボールではありません。
初速で相手を抜くためのボールですので、打点勝負を心がけて打つようにしましょう。

ボールの回転はスイングの方向で決まる

これは全て正しい訳ではありませんが、基本的な選手だと考えると、前にスイングするよりも上にスイングしたほうがボールを押し出さない為、回転はかけやすいです。

体の後ろ、真ん中、前とスイングする方向を意識して練習してみましょう。

回転とスピードを共存させるためには、良い道具を使う事か、筋力を付ける以外の方法はありません。

ナックルのボールとドライブのボールの違い

ボールが重い!というようなニュアンスを良く使いますね。
ドライブがかかっていればボールは重たいのか?
ナックルだったらボールは軽いのか?
ということを少し意識してみましょう。

ナックルでフリックされたボールをネットに落としてしまった時も、ボールは重いと感じるはずです。
ドライブでフリックされた時は触るだけでボールは上に上がるので軽いと感じる場合もあるかと思います。

重いボールと言われる基準として、自分がボールに押されてないかどうか?という事が1つの基準にもなると考えておきましょう。

押されてる!という事は自分の立ち位置が悪い!という事です。
威力のあるボールをブロックしたら重たいなーと感じるかもしれませんが、適切な位置でボールが取れれば、簡単に打ち返せてしまいます。

ボールの回転量とスピードをコントロールして上手に得点を取ろう

相手の立ち位置等をよく観察して送るボールの種類を変えていく事が上手に得点を積み重ねれる選手なのかな?と思います。
相手が前に入れば、リスクオフの高くて深いループドライブ
少し下がっていれば、面を合わせてナックルのボールを送ったり
ボールをコントロールする事で、得点を取るチャンスが多くなります。

意識する事は毎回同じボールを送らない事!

ボールに色々な回転をかけると自分も混乱してきてしまう人も多いかと思います。
しかし、いつもの練習で回転を意識して練習していれば慣れてきてコントロールが出来るようになります。

ドライブの回転量が上がれば勝てるようになる訳では無いので気をつけましょう!