卓球 色々なフットワークをして試合で動く足を作ろう!

卓球 色々なフットワークをして試合で動く足を作ろう!

卓球ではフットワークの練習を沢山すると足が動くようになる!という指導者もいるかと思います。
V字フットワークを沢山すれば動けるようになるわけではありません。
フットワークを沢山すると持久力のトレーニング・練習で動く足を作る事は練習で出来ますが、試合で動ける足というのはちょっと違います。
色々な動きのフットワークを練習して試合で使えるフットワークを覚えましょう!

ミドル・バック・フォアの3点フットワーク

ミドルをフォアで、バックを回り込み、フォアを飛びつき

この3つを順番で動きましょう。

ピッチの速いボールで練習する時はバックハンドを使う事も練習になります。

ミドル・フォア・バックの3点フットワーク

ミドルをフォアで、フォアはフォアで、バックは回り込みの3点フットワークです。

速いピッチで練習したい人や前陣で勝負をしたい人はバック・フォア・バックでミドル・フォア・バックを処理するようにすると速いピッチに対応したフットワークもできるかと思います。

フォアx2・バックx2の両ハンドドライブ

フォア2本ドライブ・バック2本ドライブを相手のワンコースで練習しましょう。
現代卓球では、両ハンドで攻撃できた方が有利に試合運びができます。

慣れないうちはゆっくり回転をかけて入れることを意識してドライブします。
慣れてきたら、1本どこかで強いドライブを打つようにしてメリハリをつけましょう。

ドライブをきちんと打つ為には足をしっかり動かして打球点を意識して練習しましょう。

N字フットワーク

フォアショート・フォアロング・バックショート・バックロングの順番で動く練習をします。

このフットワークは前後と左右を合わせた練習です。

切り返しも練習したい人はバックショートをバックで打ったり、バックロングをバックドライブで打ったりと工夫するのが良いですね!

色々なフットワークが出来るようになると….

動ける足を作る事はもちろんですが、色々なパターンで動く事ができるようになります。
試合では相手のブロックで振り回されたり、相手の攻撃で動かされたりと大変です。
決まった動作をするだけで勝てる試合というのは中々ありません。

最終的にはバック対全面でもラリーが安定して続けれるようになるくらいまでになると試合本番でも動ける足が出来る形になります。

フットワーク練習は沢山しても、肝心の試合で足が動かない人の参考になれば幸いです!