卓球 フォアフリックを安定させる2つの方法…ミスする人は同じ共通点がある!

卓球 フォアフリックを安定させる2つの方法…ミスする人は同じ共通点がある!

フォア前にサーブが来た時
フォア前にストップが来た時
ダブルスのレシーブで攻めたい時に
フォアフリックは非常に有効な手段です。
苦手な人、ミスをしてしまう人に共通の問題点があります。
2つのことを意識すれば簡単にフォアフリックが出来るようになるので、意識して練習してみましょう!

フォアフリックを安定させる打点

安定しない人の多くは打点に入るのが遅くなっている場合が多いです。
フォアフリックの打点はストップと同じ打点かストップよりも少し遅めです。
ストップとツッツキの打点の間か、少しストップ寄りの打点で打つ事が好ましいです。

フォアフリックを安定させるスイング

打点だけで調整しても、回転に負けてしまったり、少しのズレで入らなくなる場合があります。
顔を近づけるイメージでボールの近くに足を動かしましょう。
顔を近づけるイメージが分かりにくいという人はボールに肘を近づけていくように足を動かします。
ボールに近づいたら肘を支点にしてスイングします。
台の上で小さいフォア打ちをするイメージで良いですので、肩と肘を伸ばさないようにだけ注意してスイングするようにしましょう!

フォアフリックが安定しない人の共通点

  • 打点が遅い
    打点が遅くなってしまうとボールをコントロールするのが難しくなります。
    速い打点で鋭いスイングをするように心がけましょう。
  • ボールが遠い
    足を動かさずに腕を伸ばしてしまう人は安定しにくいです。
    ボールの近くまで動くことを意識してフリックするようにしてみましょう。

この2つはフォアフリックの基本

バックのチキータは得意だけど、フォアの台上が苦手な人もいるかと思います。
バックフリックは体の前でボールの近くまで入り込んで打てているので得意なのでしょう。
フォアフリックも同じようにボールの近くまで入りこんで打つと安定感も増してコントロールが出来るようになります。
苦手なままにしておくと、中学2年生の後半からフォア前レシーブが出来なくて負けてしまう展開が増えてきます。

多球練習で、フォア前と回り込みの練習をしてみると足が動くようになるので練習しましょう!