卓球 表ラバーで攻撃を安定させる3つの方法!

卓球 表ラバーで攻撃を安定させる3つの方法!

卓球には表ラバーや裏ラバーや異質ラバーという種類の道具があります。
表ラバーは好きだけど中々ボールが安定して困っている人にボールを安定させる方法を投稿します。

ボールは体の近くで打つ

裏ラバーよりもボールを持つ事が出来ないラバーです。
下回転のボールなどを腕を伸ばして打球するとミスに繋がります。
肘から先を上手に使い、コンパクトに打てるように練習しましょう。
打球点はボールの高さ等で色々変わりますが、打球位置は利き手側の胸あたりが一番安定する位置になります。

フットワークをサボらない

回転に鈍感なラバーなのでテキトウに打つとたまに良いボールが入ったりします。
不安定なボールなので1度入ったからといって2回目も入るか?と言われると入らないボールになってしまいます。
同じボールであれば、何度打っても入る!ようにしましょう。

そのためには【フットワーク】が大事なんです

打球位置を安定させる方法はきちんとフットワークを使いボールの近くに足を運ぶ事です。
表ラバーを使う人は裏ラバーの3倍は足を早く動かす必要がありますので、フットワーク練習はサボらないようにしましょう!

インパクトを意識する

裏ラバーではフォロースイングを意識してスイングしています。
表ラバーでは、当たる瞬間を特に重視してスイングするようにしましょう。
後ろに大きくスイングするとインパクトがずれやすいです。
バックスイングは大きくならないように注意が必要です。
フォロースイングも、山なりのボールを送るという事ではない為、意識はあまりしなくても良いです。
当たる瞬間の角度と力加減でボールが卓球台に吸い込まれていくようになります。

安定しない人は【インパクト】を意識してスイングするようにしましょう。