卓球 表ラバーで後ろに下げられた時の対処方法2選!!

卓球 表ラバーで後ろに下げられた時の対処方法2選!!

表ラバーを使っていると前陣か下がっても中陣くらいの立ち位置で試合をしたいですよね。
中々そう上手く試合運びが出来るものでもなく、相手に強いボールを打たれてしまい、下がらざるを得ない状態になる場合もあります。
下がった時の対処方法、下がった時に何を気を付ければ良いのか?という事を投稿します。

前にスイングしない

表ラバーで後ろに下げられてしまった場合は、前にスイングしないように注意しましょう。
摩擦があまり発生しないラバーなので、前にスイングするとネットミスになりやすくなります。
軽く上にスイングし、ボールをゆっくり送るようにしましょう。
ゆっくりなボールは再度打たれやすいですが、コースや深さをしっかり狙う事が出来ればカウンターのチャンスがきます。
ボールがゆっくり飛んでいる間に自分は前に出れるようにしましょう。
下がったら下がりっぱなしになるようなら、表ラバーよりも裏ラバーを使って回転をかけて攻撃したほうが効果的です。
出来るなら反転してドライブをかけてみるのも面白いかもしれませんね!

カットで返球する

表ラバーは回転の影響を受けにくいラバーです。
練習もせずに完璧なカットが入る事はありません。
しかし、下げられてしまい何も出来ないくらいならカットで返球することを狙ってみても良いと思います。
回転に鈍感なのが表ラバーのメリットです。
下げられてしまうと攻撃がやりにくいラバーなのでカットで対応するのは間違いではありません。
バック面を表にしている人は特にバックカットを練習しておくと良いですね!
フォアにこればドライブ、バックにこればカットと選択することも出来るので、相手のミスを誘いやすいです。

ずっと前で攻めれる人は少ない

表ラバーだからと前で戦えるのは中学生の県大会ベスト4くらいまでです。
ボールの強さがどんどん上がってくるので、前陣のブロックでは間に合わない場合もでてきたり、前でブロックが出来ないようなボールが飛んできます。
その時に、1歩2歩と下がってしまう場合もあるでしょう。
下がった時にボールをどれだけ繋げてチャンスメイクを出来るのか?という事が大事です。
取れないボールを打たれたら、取れるように下がったりと工夫をしなければなりません。
表ラバーを使っていても下がってしまったら負けという事はありません。

表ラバーを使っているけど、下がった時にどうしたらいいのかな?と悩んでいる人がすることは

  • フォア表なら上にスイングして安定的に入れる練習
    バックハンドにきたらバックハンドドライブかロビングで
  • バック表ならカットを安定していれる練習
    フォアハンドにきたらドライブで返球

この2つのことを意識して練習するようにしましょう!