被害1000万円!?クレジットカード情報は簡単に盗まれる!対処方法は…

被害1000万円!?クレジットカード情報は簡単に盗まれる!対処方法は…

スーパーのレジで覚えた客のカード情報を使って、飛行機に80回近く乗っていたとみられる中国人の高校生が逮捕された。神奈川・横浜市に住む中国人の高校生(16)は、2020年1月、友人と羽田空港から関西方面に往復するため、プレミアムクラスの航空券4枚、およそ14万円分を、他人のクレジットカード情報で購入した疑いが持たれている。高校生は、スーパーのレジのアルバイトで客のカード情報を覚え、飛行機に80回近く乗ったほか、タクシーやホテルを利用するなど、被害総額は1,000万円以上にのぼり、調べに対し、容疑を認めているという。

レジで客のカード情報覚え… 被害1000万円超

電子マネーは暗証番号が不要

電子マネー登録をする時に必要な情報が全てカードに記載されているのが問題の1つです。
ペイペイやクイックペイでも必要な情報はカード表面の番号と有効期限、名前と裏面に記載されている3桁のセキュリティコードです。
これら全てを覚えるという事は難しいと思いますが、レジのカード控えにカードの番号の13桁までは表示されているのであと3桁の番号を覚えれば良いのです。
お店の裏で操作する場合はメモ等をされてしまうと簡単に被害にあってしまいます。
カード利用するときは気を付けましょう。

ボールペン型のカメラを使われたら防ぎようがない…

本当は会議や授業の黒板等を録画し証拠を残すものですが、悪いことに使おうと思ってしまえば、簡単に使用できてしまいます。

胸ポケットにこのボールペンを挿し

カードを確認します。と目の前で名前、裏面を記載している名前の確認をこのボールペンの前でされたらカード情報は簡単に記録されてしまいます。

便利になりすぎて防ぎようがないとしか言えないですね。

ネットでの買い物の場合、暗証番号を入力しなくても使えるお店が多いので簡単に購入出来てしまう事が一番の問題なのですが…..

カード不正利用を防ぐ方法

簡単に防ぐ方法があります。
それはセキュリティコードをテープで隠す方法です。
ネットで使用するときに必須になるのがセキュリティコードです。
ここを黒いテープや見えなくするものを貼っておけば簡単に確認をされることがありません。
また剥がされたりしても、すぐに確認が出来ます。
カードを良く使う人は予防としてカードのセキュリティコードをわかりにくくすることは大事ですね!

カードの不正利用が発生した場合

三井住友カードは不正利用が発生した場合、特別なケースを除いて、「紛失・盗難の届け出日の60日前から」損害を補償いたします。
ここでは、三井住友カードの実施する不正利用検知システムや、補償対象となるケース・ならないケースについて確認しておきましょう。

クレジットカードの不正利用6つのケースとは?対処法を解説

支払日前には利用状況を確認する

カードはいつ・どこで使われているかわかりません。

自分の身に覚えのない支払がある場合は速やかにカード会社に連絡しましょう。