卓球 レシーブが上手に出来ない時の対処方法!

卓球 レシーブが上手に出来ない時の対処方法!

卓球ではサーブとレシーブが非常に大事です。
サーバーからの1球目がサーブで、レシーバーからの1球目がレシーブです。
ここをミスしてしまうと、試合にならない場合が多いです。
レシーブミスを2本連続でしないように練習しましょう!

ラケットのヘッドをネットに向けない

相手のサーブがわからない時はネットを越えれば良いという気持ちでレシーブしましょう。
ラケットヘッドを前に向けてしまうと、ボールを押してしまいます。
わからないサーブが来た時はツッツキの角度でラケットヘッドは自分のほうに向けてツッツキをします。
そうすると、ナックルでも下回転でもレシーブが出来ます。
上回転のサーブをレシーブする場合でも、ボールは高く浮いてしまいますが、卓球台に収まる形のレシーブになります。
レシーブミスをして負けてしまうよりも相手コートに1球でも多く入れる事は非常に大事です。

サーブはサーブで返す

これは自分のサーブの時に得点を取り返すということではありません。
相手のサーブが何回転かよくわからない時は、全く同じ角度とスイングで返すという事です。
横回転サーブだった場合は、横回転の軸にラケットの角度が合えば、ボールを返す事ができます。
また、相手のサーブの回転を残すレシーブになる為、曲がるレシーブで返球する事ができます。
曲がるボールが苦手!という選手に効果的なので、わからないサーブが来て困った!という時以外でも、サーブはサーブで返す!という意識のレシーブも取り入れると良いですね!

レシーブが上手にできない時の対処方法は…..

  • ラケットでボールを押さない
    ボールを押してしまうと上回転や横回転の時にレシーブが卓球台の外に出ていってしまう可能性があります。
  • サーブと同じラケット角度を作りレシーブする
    ボールと喧嘩しないように軸を意識してレシーブします。
    ボールの回転を利用して返球する事が出来るので、わからないサーブはこの方法を取り入れると簡単にレシーブが出来ます。

サーブ練習も非常に大事

サーブ練習を沢山して、色々なサーブを出せるようになるとサーブの理解力が深まります。
自分で受けたわかりにくいサーブや、良いなと思ったサーブはどんどん自分に取り入れて練習してみましょう!
例え試合で使えるサーブにならなかったとしても、このサーブは大体こんな感じのサーブだぞ!という頭が作れます。
大体こんな感じ?というイメージが作れると上手にレシーブがしやすくなりますので、色々なサーブを沢山練習しましょう!