卓球 調子が悪い時は下半身を見直そう!スイングや感覚を疑わない!

卓球 調子が悪い時は下半身を見直そう!スイングや感覚を疑わない!

卓球で、今日は調子が悪いなぁと感じる日や、最近ずっと調子が悪いと感じたりしていないでしょうか?
もしくは、良い感覚はあるけどうまく入らないという時はないでしょうか?
スイングを疑ったり用具を疑う事は控えましょう。
ボールが入らない時は下半身に問題がある場合が多いです。
下半身のどの部分を見直せば良いのか?
参考になればと思います。
卓球おじさんはこれで調子が悪い事を解決できました!

スタンスをいつもより広めに!

足を開く幅はいつもと同じでしょうか?
調子の悪い時は、いつもと同じスタンスではない場合が多いです。
なんかおかしいな?と思う日は、いつもより半足分くらい大きめにスタンスを取るように意識してみましょう!
腰の位置が下がり、下半身に力を入れやすくなります。
スタンスが安定すれば、体をうまく使って打つことが可能になります。
手打ちで誤魔化したりせず、きちんと体を使ってスイングするように意識しましょう!

足が伸びきっていないか?

足が伸びきってしまい、お尻だけ出ている?というような状況です。
足が伸びていると、咄嗟のボールに反応しにくくなります。
軽くジャンプして着地した時くらいの感覚で膝を曲げておきましょう。
卓球では上から見ると打ちやすいボールと下から見ると打ちやすいボールの2種類があります。
足は自在に動くように意識して練習したいですね!

足から先に動けているか?

卓球のフットワークや、ドライブのスイングする時に1番大事なことです。

『足が出たら手が出る』

この言葉はよく聞くと思います。
聞いた事がない人は覚えておいてください。
先に手が動いてしまうと、足を動かす事が困難です。
足から順に動き、適切な打球位置に動き、腰からスイングして最後に手が付いてくる形を意識しましょう。
手を振る!スイングではなく、体に手がついて来るようなスイングの方をオススメします。
いつも安定して下半身で打てていれば、咄嗟の時は手で反応して助けてくれます。

初めから手打ちで覚えてしまうと大変なことになります。
動いて打つという基礎をきちんと身につけましょう!