卓球 打ちやすい間合いを見つけよう!ドライブの安定感向上間違いなし!

卓球 打ちやすい間合いを見つけよう!ドライブの安定感向上間違いなし!

打ちやすい間合いを意識していますか?

卓球は卓球台に近いほうがボールを簡単に打てる場合が多いです。
しかし近ければ全てのボールが打ちやすくなったりする事はありません。
高いボール、深いボール、短いボールと色々調整しないといけませんが、自分がどこで打つと打ちやすいか意識したことはありますでしょうか?

打ちやすい位置を探そう!

大多数の人の打ちやすい位置は腕を伸ばしても卓球台にぶつからない位置だと思います。
遠すぎるとボールが打ちにくい、近すぎるのもボールが打ちにくい、いつも打ちやすい場所で打てるようになることは難しいです。
自分の間合いを知れば3球目攻撃やカウンターも打ちやすくなります。

打ちやすい位置は皆違うので、色々と試してみましょう!

打ちやすい位置は・・・

卓球台のエンドライン付近に立ち、腕を伸ばします。
親指と人差し指の間が卓球台につくくらいの立ち位置が打ちやすいです。

これくらいの位置が意外と打ちやすいです。
腕を振りやすい位置にスタンスを作れると最後まで振り切る事が容易に出来ます。
3球目が打ちにくいなぁと感じている人は立ち位置を考えてみましょう!

スイングによって立ち位置を変えよう

ループドライブは下から上に振り上げるスイングです。
この場合、少し離れていると腰の位置が遠くなりミスになります。
しかし、ループドライブをする位置を定位置にしておくとスピードドライブを打つ時は少し窮屈に感じます。
打ち方で立ち位置を変えれるように工夫してみる事が大事です!