卓球 単純なサーブから練習しないと試合で勝てない理由は・・・

卓球 単純なサーブから練習しないと試合で勝てない理由は・・・

卓球で常に平等なのはサーブ権です。
ジャンケンの勝ち負けで先か、後かというのはあります。
シーソーゲームになれば、サーブ権は常に平等です。
得意なサーブからなら得点出来るけど、単純なサーブからは得点出来ない、という人が多いような気がします。
単純なサーブからの得点力を上げないと試合で勝てない理由を紹介します。

複雑なサーブは綺麗に返されると脆い

フェイクを上手に入れ、横上回転のサーブを横下回転に見せ、浮いたレシーブを3球目攻撃をすることが得意な人がいます。
この場合、サーブの回転を読むのではなく、フェイクの癖を読んでレシーブすると簡単に綺麗なレシーブで返す事が出来ます。

横回転をツッツキで低く返されると、相手は動揺したり、いつも来ないレシーブが来てしまう為、上手に3球目攻撃ができない選手が多くいます。

複雑なサーブ、癖のあるサーブは、試合が長くなれば長くなるほど効果は薄くなります。
このような時に単純なサーブからの練習をしていると心に余裕が出来ますね!

横回転系は利用されやすい

複雑なサーブというと横が混ざった下や、上回転です。
アップダウンサーブという、上か下か良く分からないサーブも複雑ですが、今回は横回転系という事にしてください。

横回転系のサーブは、サーブをサーブで返す事が可能です。
相手のサーブスイングと同じ方向にスイングしてレシーブすると意外と簡単に入れる事が可能です。
その横回転を利用してレシーブされると、横下!横上!と頑張ってサーブの回転をかけても、横回転に角度を合わせて相手は上手にレシーブしてきます。

その為、複雑な横回転系のサーブからしか練習していないと、上手に利用されて上手く三球目に繋がらずに負けてしまう場合が増えてしまいます。

単純なサーブからの練習方法は・・・

5-5からサーブを限定したゲーム練習をオススメします。
普段サーブで試合に勝っていた子が負けてしまったり
レシーブが出来なくて負けていた子が勝てるようになったり

少し複雑な気持ちになるゲーム練習ですが、サーブからではなく、3球目からの得点力を上げる事、レシーブからの4球目攻撃の得点力を上げる練習になります。
レシーブで簡単にミスをしてしまうと勿体ない!という気持ちも育つ練習なのでオススメです!