卓球 ゆっくりなボールを的確に打ち返す方法!ミスを減らして試合に勝つ!

卓球 ゆっくりなボールを的確に打ち返す方法!ミスを減らして試合に勝つ!

卓球では早いボール、回転のかかったボール、遅いボール、と色々なボールで相手はこちらに勝ちにきます。
ここで1番勿体ないミスは遅いボールの打球ミスです。

このボールをミスしにくくなる方法を投稿します。

ゆっくりなボールは焦らない!

早いボールを狙って打つ事を意識していると遅いボールが来ると簡単なミスに繋がる場合が多いです。

なぜ遅いボールをミスしてしまうのか?

簡単なゆっくりなドライブを簡単にネットミスをしてしまう理由は

お尻を突き出して腕を伸ばして打球している事

体が使いにくい事と、腕の角度だけで打球する必要があります。
ラケットのスイートスポットに当たらないと上手に返球することも出来ません。

腕を伸ばして打球してしまわないようにだけ注意しましょう!

落ち着いて引き付けて打球する

上回転のボールは殆どの場合が2バウンドすることがありません。

ネット際に低く遅いループドライブを打てるような選手がいるとまた考えが変わりますが、大体の場合が高く遅いボールをバック面でブロックミスをしている選手が良くいます。

高いボールをバックハンドで打球することが難しい事とネットよりも低いボールをバックハンドで打つ練習をあまりすることがないのでミスに繋がりやすいです。
引き付けて、腰で回転をかけて自分のボールにするように意識するようにしてみましょう!

ミスしてしまう2番目の原因は・・・

「前に突っ込みすぎてしまい打点が合わない」

自分の待ってないボールがゆっくりでも返球がくると、チャンスだと焦って攻め気になってしまう場合もあります。
ダメな事ではないのですが、前に突っ込みながら打球すると回転はかけにくいです。

ラケットの角度がしっかり合わないとミスを多発してしまう場合があります。

非常に調子の良い日や、相手のボールの回転量が自分の角度と合う日などは良く入る場合もあります。
少し相手の回転量が合わないとミスを連発してしまうので、前に突っ込むという事もなるべくしないようにしましょう!

早いボールを待ちながら、ゆっくりなボールを打つ練習をする

これは多球練習で取り入れると効率的ですね!

5球連続で打つ練習に1球だけゆっくりなボールを入れるという練習メニューです。

フォアハンドで早い連打をしながら、5球に1球どこかで遅いボールを送りましょう!
遅いボールを入れて、いきなり遅いボールが来ても対処できるように練習します。
前に突っ込んだり、お尻を突き出してしまっていないか確認しながら多球練習をしてみましょう!