卓球 回り込み3球目シュートドライブを覚えよう!

卓球 回り込み3球目シュートドライブを覚えよう!

卓球で3球目攻撃の練習をしていますでしょうか?
下回転のボールに対して回り込み3球目ドライブをクロスに打つ練習をしていると思います。
大抵のチームで殆どの人がこの練習をすると思います。
この時にただドライブを打つだけではなく、手を開いて台からボールが逃げるようにシュート回転も加えて打つと良いメリット等を投稿します。
この投稿を読んで練習したくなった人は是非試してみてください!

回り込みシュートドライブのメリット

下回転のボールを簡単に持ち上げる事が出来る

手を巻いてしまうと、下回転のボールは打ちにくいです。
打球時のラケット面が下を向きすぎてしまうので、ボールを上に持ち上げる事に適していないスイングになります。

逆に手を開くシュート回転のスイングをすると、ラケット面が上を向き、下回転を容易に持ち上げる事が可能です。

下回転打ちが苦手な人は特にシュートドライブを覚えた方が良いですね!

ボールを逃がす事が出来る

良いコースに良いボールが入るだけでは、ノータッチエースを取る事は難しいです。
逆に普通のコースに逃げるように曲がるボールが入れば、意外とノータッチエースを取る事が出来ます。

めちゃくちゃ曲げる必要は無いんです。
回り込み3球目を打ったらボールが曲がったという程度の横回転で良いので手を開いてドライブをかけるという事だけ意識しましょう。

曲げる曲げる!という意識は逆にミスを多くしてしまうので注意しましょう!

卓球台は思っているよりも広い

卓球でコース取りの苦手な人は卓球台が狭い人が多いです。

「エンドラインしか狙えない人の卓球台は狭い」

ボールが直線的にしか来ないので卓球台のセンターラインに構えられると大体取られてしまいます。
エンドラインだけを狙うのではなく、サイドラインを狙うようにしましょう!

シュートドライブを使うデメリット

回り込み時しか上手に使いにくいという点があります。
ストレートにシュートドライブを打てると理想的ですが、意外と打ちにくいです。
打てる技術を身に着けれればかなり有効な技術なのですが、意外と難しい技術です。

回り込みで打ちやすく感じるのは、スイングするスペースが作りやすいためです。

下回転のボールをシュートドライブで狙う時は、回り込みでサイドラインを狙って打てる時にしてみましょう!