卓球 異質ラバーはフォア・バックの両方で打てる選手は勝てる!!

卓球 異質ラバーはフォア・バックの両方で打てる選手は勝てる!!

卓球で異質ラバーを選択する人がいるかと思います。
異質ラバーを使う場合はフォアハンドでもバックハンドでも両方のラバーを使えるようになると、プレーの幅も広がり、得点力もアップします!
両方上手に使うことは出来るように練習しましょう。

バック異質とバック裏の打ち方の違い

バック異質を使う時は肘を後ろから前に押すように打球します。


高い打球点で、後ろから前に押して打球するとナックルになって相手コートに刺さるようなボールが送れるようになると良いですね!

バック裏を使う時は肘を支点にして回転をかけるように打球します。

バックハンドで回転をかけて伸びるようなボールを打てるようになりましょう。
ボールを深い位置に打つ事を意識しないで、伸びるようなボールを打てるように練習しましょう!

変化させる事が大事

ボールの変化幅を大きくする事で得点力UPになります。
めちゃくちゃ早いボールが必要なのでは無く、相手のピッチを狂わせれたり、相手の打球点を狂わせる事が出来れば上出来です!

フォア異質とフォア裏の打ち方の違い

フォア異質を打つ場合はラケットを卓球台の上でスイングする

異質ラバーで打つ場合に、卓球台の下からスイングすると回転がかかってしまったり、異質の良いボールが入らない場合があります。
安定させて打つには回転をかける必要もあります。
しかし、異質らしさを出すには、卓球台の上で小さくスイングして相手の回転を利用し返球するようにしましょう!

フォア裏を打つ時は異質で相手を下げた時か3球目攻撃で先手を取りたい時!

サーブから3球目で異質ラバーで相手を崩して、少し浮いたボールを裏ラバーで勢いのあるボールを打ち得点していきましょう!
異質だけでの攻撃では、中々得点に繋がらなくなるレベルがあります。
異質で少し崩して、次の打球は裏で打てるようにイメージしてみましょう!

フォア裏の打ち方は・・・・手を巻きすぎないようにだけ注意しましょう。
異質メインで打球している場合、裏ラバーで打つとオーバーミスする気がして、手を巻いてしまいます。
手を巻きすぎないようにだけ注意しましょう!

3球目攻撃は裏ラバーを使えるようになろう!

3球目攻撃は狙いやすいボールです。
裏で打ったり、異質で打ったりとやりやすいですが、裏ラバーで勢いのあるボールが打てる選手は裏で勝負した方がいい結果になりやすいです。
異質はたまに使う程度、もしくは狙ったボールが来ない時に異質で安定的に返すようなイメージで使えるように練習しましょう!

異質ラバーで勝ち悩んでいる人・・・・

バック側に異質ラバーを貼り、中々勝てないなという人もいるかと思います。
大体フォア側の厳しい所をサーブで狙われて、バックで動いて処理をしたボールをバック側に返されてノータッチで負けるパターンが多いです。
この時に、フォアに反転して異質で打てたりすると動くスペースが少なり、相手に隙を見せにくくなります。

このように反転して両ハンドが使えるとメリットが大きいです。

中々勝てないなぁ・・・どうしようと悩んでいる人は是非!どちらでも異質ラバーを使えるように練習しましょう!