卓球 多球練習で上手くなる!

卓球 多球練習で上手くなる!

卓球の練習方法には多球練習というものがあります。
卓球選手、卓球の強豪校、卓球の初級者、色々な選手が取り入れている練習方法です。

10代、20代で動いて強く打って勝つ事を意識している選手は早いピッチで多球練習をすると強いボールを早く打てるようになったり、動ける範囲が広くなって勝てるようになります。

30代40代や卓球はじめたての人は、上手に入れる事や、1つの技術を覚えることに多球練習を効率良く取り入れると多球練習の効果が早く現れます。

ドライブを何球連続で入れれるか?

フォア側に下回転の長いボールを送ってもらい、ドライブをしっかり入れる練習をしましょう!
5球中何球自分の良いドライブを入れる事が出来るかを意識しながら練習します。
また、フォアハンドドライブが苦手な場合は連続で入れれるようになれば、自信にもなるのでオススメです!
バックハンドドライブが出来ない人も、5球中1球入れると小さい目標を持って練習するのもオススメです!

2動作を体に覚えさせる

複雑な動作を覚えることも、簡単な動作を覚える事にも多球練習はオススメです。
フォア前から回り込み、チキータからバックハンド、というように前後の動きを的確にゆっくり覚える事がオススメです。
早いピッチで練習するのも良いですが、ゆっくり連続で何球多球練習をするか決めて取り組むと、メリハリも出来るのでオススメです!

1つの技術を徹底的に練習する

卓球の幅を広げる為に色々な技術を覚える事が大事です。
その為には、1つのことを徹底的に取り組むのも1つの手段です。
卓球マシーンとかでも位置やボールの回転を設定して練習することも可能です。

まずは台上の技術!
次に台外の技術を覚えることをお勧めします!
フォア前、バック前の技術を覚えましょう!

ストップ・フリック・ツッツキ・チキータと台上の技術を徹底的に練習しましょう!

台から出るボールは、ドライブ・ツッツキ打ち・スマッシュと、色々な角度でボールを打てるようにしましょう!

1つの技術を時間をかけて練習すると、1日か2日で身につくものもあります。

多球練習はキツイ練習の1つなので、過度に練習しすぎないように注意しましょう!