バックハンドドライブを安定させる方法!

バックハンドドライブを安定させる方法!

バックハンドドライブが振れないと勝ちにくい時代になっています。
これからバックハンドを練習する人、またはこれからバックハンドを教える人の参考になればと思います。

バックハンドの打ちやすい位置を覚えましょう!

バックハンドを打ちやすい位置は人それぞれです。
打ちやすい位置を見つけれない人は

ドアをノックするようにバックハンドを打ってみる

ドアをノックする時は、無意識に力の入れやすい位置をとっています。
近すぎるとドアを叩きにくいし、遠すぎてもドアが叩きにくいです。

打ちやすい位置を見つける事が上達の近道です。

バックハンドドライブでV字フットワークをする

試合で使えるバックハンドにする為に、V字フットワークで練習します。
半面でのバックハンドドライブが7割くらい入るようになったら、V字フットワークで練習しましょう!

試合では様々なボールが来ます。
毎回体の正面で打てるようなボールが来るわけではありません。
色々な位置でボールを打てるようになりましょう!

腕を振るのでは無く、引いた肘を戻す!

バックハンドを打つ時に腕をしっかり振るイメージでスイングしてしまいがちですが、肘を少し前を出して、出した肘を戻すように軽くスイングします。

ここで大事なのは、インパクト時のみに力を入れる事です。

インパクトはノックする位置を意識して腕を戻します。

肘を前に出すのが遅いと、ノックする位置で打つ事が難しいです。

試合でバックハンドにボールが来る確率は7割を超える展開が多いです。

少し肘を前に出している状態でボールを待ち構えていると、バックハンドにボールが来ても直ぐに打つ事が出来るます。

安定させる為に、バックハンドが直ぐに打てるように少し意識してみましょう!