卓球 サーブの立ち位置を変えてみよう!ちょっと変えるだけで大きな効果を発揮する

卓球 サーブの立ち位置を変えてみよう!ちょっと変えるだけで大きな効果を発揮する

サーブの立ち位置を変えてみたことはありますか?
フォアハンドサーブを出す時の位置は、自然と卓球台のサイド側に、バックサーブを出す時は卓球台の中央、もしくはフォア側の方で出す選手が多いです。
これはなぜでしょうか?

3球目でやりたい事を意識してサーブを出しているからです。

自分のバックサイド側でフォアハンドサーブを出せば、回り込み3球目をフォアハンドで打ちたい。
台の中央でバックサーブを出せば、両ハンドが振れるように意識しているかと思います。
サーブの立ち位置は、このように自然と自分のやりたいことを意識して変えているはずです。

今日は立ち位置を意識的に変えて、自分のやりたいことをやってみよう!という事を投稿します。

フォア側からフォアハンドサーブを出してみよう!

自分のフォア側からフォアハンドサーブを出したことはありますか?
見え方も違って新鮮です。
見えるコースや、狙いやすいコースも違うので、バックサイドから出すサーブと同じサーブを出しても相手は取りずらいと感じます。
いつもはバック前に出していたサーブはフォア前に出しやすくなり、バックロングに出していたサーブはフォアロングに出しやすくなります。
自分の得意なサーブを色々なコースに出せるというメリットは大きいですね!

自分の得意パターンに持ち込みやすい

バックサイド側からフォアサーブを出す場合の待ちは、フォア前か、バックロングになります。
バック前のボールも稀に来ますが、大体はこの2点を待って3球目を狙っていると思います。

フォア側からクロス側にフォアサーブを出すメリットは、クロス側でフォアハンド待ちしているのでクロスには返したくない
ストレート側を狙うしかないが、ストレートでサイドラインを切る事が難しいです。

フォア側からクロスにサーブを出すと待ちを作りやすい

回り込みも台の横まで回り込む必要が無い為、動く範囲を狭くする事が可能です。
フォアサイドに狙われると、動く範囲は同じですが、狙いたくないという心境を作る事が出来る選手であれば、ストレート側かミドルにレシーブされることが多いかと思います。