卓球 フリックの得点力をUPする2つの方法!フリックを覚えてみよう!

卓球 フリックの得点力をUPする2つの方法!フリックを覚えてみよう!

卓球にはフリックという技術があります。
最近ではチキータがメインとなりフリックは昔の技術の1つになってしまいました。
フォアハンドに出されたサーブをバック側で回り込んでチキータ!!もかっこいいですが、フォアハンドでフリック・バックハンドでフリックをして得点力をUPする方法を紹介します!

ナックルフリックを習得しよう!

相手の回転を利用し、ボールを押すようにフリックします。
フリックは上回転をかけて返す技術でもあります。

上回転をかけるとブロックされやすくなったり、得点に繋がらない経験が多いのではないでしょうか?

ラケット角度を回転に合わせ、押し込むようにフリックしてみましょう!

極端な事例・下回転サーブをフリックする場合のラケット面の角度は上を向いている
この角度でボールタッチをし、押し込むように打球をすると回転のかからない良いフリックを打つ事が可能になります。

回転をかけない方がブロックされにくい

卓球はスピード・コース・スピンを使い得点力を強化していきます。
ここのスピンを無くし、スピードとコースで勝負してみましょう。
ナックルボールを咄嗟にブロックするのは非常に難しい技術の1つです。

相手に取りずらいなぁ・・・と思わせれたら100点!

この意識を頭の片隅に入れ、フリックの練習を取り組んでみてください。

フリックのスピードをUPさせる!

下回転や、横回転、上回転の短いボールをスピードのあるボールで返球する事は非常に難しい技術の1つです。
ラケットをスイングするスペースが無かったり、打球点に間に合わなくてボールに合わせて入れにいってしまったりと色々な要素からスピードをUPさせる事が難しいです。

足が卓球台の中に入らないと絶望的!?

台上の技術をやるときに、足が動かずに手だけでなんとかしようとしている人がいます。
鞭のようにしなる腕や手首を持っていればスピードを出す事も可能かもしれませんが、、、基本的には無理でしょう。

ボールの近くに膝を持っていき、肘は体にくっつけるくらいの位置で打球できると安定感がUPします!

スピードをUPさせるスイングが・・・

ラケットを上から下に落とすスイングを止めた時の反動を使いスイングします。

腕を上から下に振り下ろして、腕力で腕を止めると反動で少し上に腕が上がるのがわかりますでしょうか?

この力を利用してスイングすると、スイングスピードが確保できます。
スイングするスペースも卓球台の上は無限に空いているので十分にラケットを振る事が可能です。

スピードが出ない!という人は1度試してみてはいかがでしょうか?

フリックが上手になれば試合に勝てるのか?

答えはNOです!
フリックだけ上手になっても試合には勝てません。

フリックが上手になると、相手はロングサーブを出してくるでしょう。

このロングボールに対応する力が無いと、3本に2本ロングサーブを出されて、結果的に2-1で負けてしまいます。
自分のサーブから全部得点出来れば、4-1で勝っているのですが・・・・

相手に、あいつはフリックが上手いから気をつけろ!と思わせる事が出来れば試合運びが有利になるという事を覚えておきましょう。

短いサーブよりも長いサーブを多用するようになるので、このボールを狙い得点していくのも戦術の1つです。