卓球 ラバー・ラケットの良し悪しは自分で決めよう!

卓球 ラバー・ラケットの良し悪しは自分で決めよう!

卓球を長年プレーしていると、稀にこのラケット良くないよねぇ・・・という人がいます。
どのように良くないのか?と尋ねてみると、弾まないからダメ、硬いからダメ、という返事が多いかと思います。

「弾まないラケットは良くないんですか?」

色々な人のダメと感じる感覚に捉われないように、色々な道具があるから卓球って楽しいスポーツです!という事を知ってもらいたくて投稿します。

自分の意識を変えてみよう!

卓球のラケットの良し悪しを付けるときに大多数の人が弾みを見ます。
一番わかりやすく、弾む方が良いと感じるからだと思います。
実際に弾むラケットの方が簡単に良いボールを打つ事が可能で、得点力もUPします。

しかし良いボールが出る反面、ミスも多くなる場合があります。
ラケットが弾めば良いという物ではないという事だけ理解しましょう。

人それぞれ良いボールの定義が違います。
狙ったところに入れば良いという人もいれば、威力のあるボールが打てれば良いという人もいます。
正解は無いですので、自分の好みでラケットやラバーを選択するようにしましょう!

悪いラケットは無い!

扱えないラケット・物足りないラケットがあるだけで悪いラケットではないんです。

扱えないラケットの事は、あのラケットは硬すぎるから良くないと言います。

物足りないラケットの事は、あのラケットは球持ちは良いけど威力でないと言います。

この2つは自分に合わないだけで悪いラケットと言うのはやめましょう。
もしくはやりたいことに合ってないという感じで選手や知り合いに伝えれると良いですね!

重量・グリップが合えば調整出来る!

ラケットが弾まない場合は、ラバーを少し弾むものに
ラケットが弾んでしまう場合はラバーは弾まないものに変えてみましょう。

気に入らなかったラケットがお気に入りになるかも知れません!!

自分に合うラケットを見つけるのではなく、自分でラケットに合わせることも大事

自分でラケットに合わせれるようになると色々な道具を楽しむ事が可能です。
このラケットは面を伏せて打つと打ちやすいけど、角度を合わせた時のコントロールが難しいなどのラケットの性格を感じれるようになりましょう!

アウターカーボン・インナーカーボン・木材・バルサ材といった種類のラケットが大まかにありますが、どれが自分と合うラケットなのか考えながら使用しするようにすると間違いは無いかもしれません。

こんなに種類のあるスポーツは卓球だけ!?

バドミントン・テニスはラケットとガットのテンションで変わりますが、卓球はラケット・ラバーがあり、ラバーの種類が裏ラバー・表ラバー・異質ラバーとあり、更に厚みや貼り方で弾み具合が変わってきます。

この道具の種類から自分の使いやすいものを選ぶのか、ハイパフォーマンスのものを選ぶのか?という選択をしないといけません。

テナジーよりも良いラバーを探すのは大変だが、テナジーよりも扱いやすいラバーを探すのは簡単です。

例えばマークV
このラバーははずみもそんなにしませんし、グリップ力もテナジーに比べるとかなり低いです。
しかし、ボールをコントロールすることは簡単ですし、テナジーの良い部分を扱えない人にとっては最高のラバーかもしれませんね?

良いラバーは間違いなく良いが自分レベルに合わせるのも大事

車とラバーを同じように考えると、運転技術のない人にレクサスや、ポルシェという車を運転してもらうと事故になる可能性が上がります。
その為、ある程度運転が上手になってから車を選ぶかと思います。

卓球も同じで、早いボールが打てるラバーがレクサスやポルシェなんです。
こう考えると、最高のラバーを使っていても技術に見合っていなければ事故を起こしてしまう場合があります。
これは良い面でも悪い面でもあり、自分の意図していないボールが上手く入り勝つ場合や自分の狙ったボールが全く入らない場合があります。

自分の技術に合わせて道具を選ぶのが大事ですね!

社会人なら好きなものを使おう!

お前がテナジー!?と馬鹿にしてくる人もいます。
しかし、自分で稼いだお金で何を買おうが関係ないですよね?
社会人で自分が卓球が好きで色々なものを使ってみたい。

自分の好きなラケットやラバーを使いたいという気持ちが一番大事です。

ただ、自分の意見を他人に押し付けないようにだけ注意しましょう。

自分の感覚と他人の感覚は全く違います。