卓球 回り込み3球目攻撃を安定させる2つの方法

卓球 回り込み3球目攻撃を安定させる2つの方法

卓球でバックハンドが苦手な人は多いかと思います。
コーチの指導方法や練習メニューがフォアハンドの練習メインになる場合が多い為です。
その為、ある程度のレベルまではバック側にボールが来たらツッツキかブロック、回り込みで対応します。
ツッツキとブロックは練習相手で上達していきます。

回り込み3球目攻撃を安定させる方法を投稿します!!

回り込む時に手を一緒に引く

回り込んでから手を引くと若干動作に遅れてしまいます。
バックサイド側に回り込みをしてバックハンドを打つ事は殆ど無いですよね?

回り込んだら、どこに来てもフォアハンドで打つという意識を持ちましょう!

回り込んで手を引いた位置で待てれば、打点が下がる前にフォアハンドで強打する事が可能です。
この時に、自分のお尻よりも後ろにラケットをもっていかないようにだけ注意しましょう。
引きすぎると戻すのが大変で、タイミングが取れなくなってしまいます。

自分の打ちやすい打点で打てる適切なバックスイングを身に着ける事が大事です!

ラケットの面を開く!!

面を開くと聞いてわからない人もいるかと思います。
ラケットの面を開く方法は、人差し指を手の甲の方に向けてラケットを握る事です。
手を外側に開くという認識になってもらえるとわかりやすいです。

面を伏せるのはその逆ですね!
手首側に人差し指を向ければ、ラケットの面が伏せれます。

回り込みをした時にラケット面は常に開く

3球目攻撃を狙う時は、相手がツッツキをしてくる展開です。
下回転のサーブをバック前に出し、ツッツキがバック深くに返球されたボールを回り込み3球目攻撃をします。
この時に面が開いていれば、下回転のボールを簡単に持ち上げる事が可能です。
1度試してみてください!

フリックや、チキータの上回転系でレシーブされた時に手を開いていても良いのか?という質問もあるかと思います。

この時にミスしない方法は、体から少し遠い場所で打球出来るとオーバーミスしないで3球目攻撃が可能です。

下回転系の早いツッツキの場合は、少し体の近い所でスイングすれば簡単に打球出来ます。

初めからラケットを伏せていると大変

ラケットの面を下に向けて垂直にするよりも、垂直の状態から下に向ける方が簡単です。

面が開いていればある程度のボールには対応する事が可能です。

逆に面を伏せてしまっていると、下回転のボールだけが打ちにくい状況になってしまいます。

回り込みを安定させる方法は・・・

・回り込んだ時に手を引いておく

・ラケットを開く

この2つの意識で安定感がかなり変わります。
意識だけで卓球が上達してしまいます。

是非試してみてください!