卓球 攻めているのに攻められている!?なんで?

卓球 攻めているのに攻められている!?なんで?

卓球では先手必勝という戦術が通用しない場合があります。
カットマンや粒高等の異質桂ラバーを使い、相手の攻撃を利用してくるタイプもいる為です。

攻めているのに、なぜか後手に回ってしまっている方
ラリー中に後手後手に回ってしまう方
サーブからで得点力がない人向けに投稿します。

戻りの意識を持つ!

攻めているのになぜか後手に回ってしまう時にありがちな事が

1度攻撃したらボールを見てしまい、返ってきたボールの対応が遅れる

打球した後の戻りが遅く連打が出来ない

戻りが早くならないと連打で攻撃出来ません。
1度攻撃し、ブロックされたボールをなんとなく入れているだけでは勝ちきれません。
一度攻撃したら決めきれるように連打しましょう!

連打をする為の戻りは自分の打った打球がネットを超える前に次の打球を意識した位置に戻るようにしましょう。

ラリーで後手後手になってしまう場合・・・

ドライブ対ドライブで台から離されてしまう人に多くある展開です。

自分の得意な位置から下がらないという意識も大事!

引き合いで不用意に下がらない選手は強いです。
自分が引かない分相手を下げる事が出来ます。

卓球はネットの上から打球が出来る方が有利です。

下がって耐える練習も必要ですが、下がらずに我慢する事も非常に大事です。

下がり癖が着いてしまっている人は下がらないように練習してみましょう!

ラリーで負けないようになります。

サーブで主導権を持つ方法!

サーブが良いだけではサーブで主導権を握る事が出来ません。

サーブで主導権を握るには・・・・

「サーブの後を怖がらせる」

少しでも浮かせると三球目で決められてしまう

このように相手のマイナスな気持ちを利用してサーブ時の主導権を握りましょう。
相手が何かやりにくいと感じたり、返したら打たれると思う事で、厳しいレシーブを要求出来ます。
厳しいレシーブを要求するとレシーブミスが多くなります。

そのような状況を作れるとサーブでの得点力が上がり、サーブ時で主導権を握りやすくなります。

サーブから3球目、5球目攻撃に何もプレッシャーが無いと相手が安心して入れてきます。

主導権も握りにくくなってしまい、攻めれなくなってしまいます。
相手に対してプレッシャーを与え続ける事が大事です。

足が動き・早く戻り・常に強気

この3つを意識してみましょう。

3球目攻撃を失敗しても相手にプレッシャーを与えれます。

どこに打っても打ち返され、3球目や5球目でアグレッシブに攻撃されたら嫌ですよね?

この3つを意識する事は凄く難しいです。
試合に勝つためには必要な意識なので、この意識を身につけましょう!