卓球 ナックルサーブの対抗手段は?理想のレシーブはこれだ!

卓球 ナックルサーブの対抗手段は?理想のレシーブはこれだ!

卓球の試合でナックルサーブに困る人もいるかと思います。
異質系ラバーの人がナックル嫌いなのと、回転をかけてレシーブをしている人はナックルが苦手な傾向があります。

ナックルサーブに対しての理想のレシーブはどんなものでしょうか?
回転をかけて返す?
合わせてストップする?
この2つはかなり難しい技術です。

回転をかけるとボールが飛んでいってしまい、ストップを狙うとボールが浮きやすく攻撃されてしまいがちになります。

ナックルサーブを相手に攻撃されないように上手く返す方法は・・・

ネットよりも高い位置でラケットを垂直にし、ボールをプッシュする方法です。

深めで早めのプッシュを狙うと、相手がネットミスしやすいレシーブです。
スピードがないとドライブで打たれやすいボールの為、少しスピードを意識してレシーブする必要があります。

ドアを押すような感じでレシーブしましょう。
手首をあまり使わない事でナックルフリックがやりやすくなります。

ナックルサーブをレシーブでオーバーミスしてしまう人の共通点

レシーブが上手に出来ない!という人は大体同じようなレシーブをしています。

ラケットを前にスイングしすぎてしまっている人がオーバーミスになりやすいですね。
ナックルサーブを下回転だと勘違いしても、あまり前に飛ばさなければオーバーミスはしません。
回転をかけて相手コートの中央付近を狙ってみましょう。
深めを常に狙っている人はミスが多くなるかと思います。
少し上から狙えれば良いのですが、ナックルを出されて咄嗟に対応できる人でないと難しい技術なのでなるべく安全に入れにいってみましょう。

ネットよりも高いサーブは怖くない!

ナックルでも回転のかかったサーブでもネットよりも高いサーブは全く怖くないイメージを持ちましょう。

こういうサーブはチャンスボールです!
相手のサーブミスのようなものなので、少しネットよりも高いボールが来たらすかさず攻撃していく意識を持ちましょう!

高いサーブが怖くない理由は・・・

卓球はネットを挟んで戦う競技です。
このネットが厄介な存在で、ネットを越えるボールを打つことは意外と難しいです。
サーブがネットよりも高い場合は、ネットを越えるボールを打つ必要がありません。

打球点のみ意識して攻撃してみましょう!

ナックルサーブを理想的に返すには・・・

・ドアを押すようにプッシュする
 →レシーブがナックルになり、相手がミスしやすい
・前に飛ばしすぎないようにレシーブする
 →間違えてツッツキをしても前にスイングしないように注意しましょう!

レシーブに正解はありません。
しかし、ナックルレシーブをどうしてもミスしてしまう場合はこの2つを意識してみましょう!!