卓球 ナックルサーブから3球目攻撃が出来るようになろう!

卓球 ナックルサーブから3球目攻撃が出来るようになろう!

卓球では、サーブと3球目攻撃が非常に大事です。
その後の展開も出来ないと勝てませんが、3球目が上手に打てると得点力はUPします。
複雑なサーブからの3球目攻撃も大事ですが、ナックルサーブから得点出来るように練習しましょう!

低いナックルサーブを覚える

サーブが相手コートでバウンドした時にネットよりも低くなるような高さのサーブを覚えます。
ナックルなので回転をかける必要が無いため、非常にコントロールしやすいです。
低い位置からサーブを出すようにしましょう。低く滑るようにボールが動いてくれると100点です!

ナックルサーブで高いのは狙われやすいので注意しましょう。
稀に高い方が効果的な相手もいますが・・・・稀になので基本は低くを意識しましょう。

浮いたボールを確実に打つ

ナックルサーブを使うと、相手のレシーブがちょこっと浮いてくるイメージがあるかと思います。
このボールを慌てずに引き付けて打球できるようになりましょう。
相手はツッツキで下回転をかけてレシーブしてきている場合が多いので、単純なボールと甘く見て打つとミスになってしまう場合が多いです。

少し浮いたボールをミスしない方法は・・・

動いて引き付けて打つ事です

身体から遠いボールを打つとミスになりやすいです。
自分の打ちやすい適切な位置を見つけましょう!

ナックルサーブを出すメリットは??

相手が回転を利用出来ない事です。
横回転や、下回転のボールは回転を利用して綺麗に返してくる人が多くいます。

ナックルサーブの場合は利用する回転があまりかかっていないので、相手にやられることが限られます。

ストップは少し浮いてしまう、サーブが低ければフリックやプッシュがやりにくい。
このようになると、ストップかツッツキを選択してくる選手が多いです。

チキータも下回転がないと、思い切って振れません。
ゆっくりな上回転のかかったチキータはチャンスボールなので確実に得点していきましょう!

待ちが多くなってしまうデメリットも??

横回転サーブを主に出す選手はレシーブの位置を限定したいという選手と、横回転の軸が少しでもあった方が3球目が打ちやすいという選手に多いです。

ナックルサーブを出すと、ここにしか返せない!というサーブでも無く、回転に影響されて狙ったコースに返せないという事もありません。

従って、レシーブを選ばれる事も考えて3球目攻撃をする必要があります。

短いレシーブと長いレシーブが全面に返されます。

このように、シンプルなサーブを出す選手は両ハンドが打てる選手にオススメします。

一定のレベルならクロスにしかレシーブされない

中学の2年生序盤迄はクロス側、もしくはバック側にしかレシーブが来ません。
これは練習通りに試合をしようとしている子供たちの精神です。

ここを狙えば比較的簡単に得点が稼げるようになるので、回り込みの練習とバックハンドの練習を沢山しましょう!