卓球 自分に自信を持たないと勝てない理由が・・・

卓球 自分に自信を持たないと勝てない理由が・・・

自分が苦手だ!と苦手意識を持つだけで、試合展開的もメンタルも負けています。
僕はバックハンドが苦手なのですが、出来ていない訳では無いそうです。
苦手苦手・・・と考えていると良い事は起こらないので苦手でも得意というように意識を変えてみましょう!!

3球に1球入る技術は出来る技術だ!

1度でも良いボールを打てるという事は打てる技術は覚えているという事です。
2回連続で入らないからと自信をなくしてしまったりしてしまうのは勿体ないです。
もしもバックハンドが苦手で、中々入らなくても、3球中1球でも自分の満足のいくボールが打てれば、出来ると思えるようになりましょう!!

人の意見は参考にする程度にしよう!

他人にどう言われようと、自分のことを信じてあげる事が大事です。

例えば、〇〇君は✖️✖️が苦手だね!という人もいるかと思います。
この苦手だねという意見を間に受けないようにしましょう。

その意見に耳を貸してしまうと、自分でも苦手意識を持ってしまいます。
良い意見はどんどん聞き入れていくのは良いですが、ネガティブな意見は話半分くらいで聞き流すことも大事ですね。

出来る技術はどんどん増やしていこう!

何が苦手かどうか?という事を知るのと、何が得意なのか?を知る事が非常に大事です。
全て得意で出来れば良いのですが、向いている技術と向いていない技術があります。
その為、1つの技術だけを覚えるのではなく、幅広く技術を覚えてみましょう!

いざという時に頼るものはありますか?

自分に自信がないと得点が欲しいところで頼れるものがありません。
頼れないと、思い切って打てない場合が多くなり、基本的に入れにいく事しか出来ません。
入れる事が全て間違いではありませんが、入れるだけで勝てなくなるレベルがあります。

2−2の8−6リードの時に頼れる技術と、9−9の時に頼れる技術を考えておきましょう!

そこで勝つ事が出来ると、自然と得意な技術になります。

得意な技術が増えると自信のあるプレーも増えてきます。

まず1つ、試合の時に頼りになる得点パターン・得点が出来る技術を磨いてみましょう!