卓球 下半身を強化すると卓球のパフォーマンスが向上するぞ!

卓球 下半身を強化すると卓球のパフォーマンスが向上するぞ!

卓球で大事なのが目線です。
ボールを上から見すぎてしまうと、上手く打てなかったり、自分の打つボールが高くなってしまいます。
太ももに体重を乗せても動く足を作る目的で、ランニングを少しずつ始めましょう!!

低い姿勢を維持できると卓球の世界が変わる

上からぼーっとボールを見て卓球をしているとぼやっとした卓球になってしまいます。
低い姿勢でボールを打つ事が全てではないですが、相手のコート・ボールを真正面で見る事で見える世界が変わります。

相手の打球面を見る事も出来るので低い姿勢になってみる事もオススメします!

下回転のボールを打つのが苦手な人は姿勢が高く、ボールを上から見ている人が多いです。

当てはまるなぁと感じた人は、少し姿勢を低くしてみましょう!

連打が安定する!!

土台がしっかりする事で連打を可能にします。
1回強打したら体が回ってしまう人はスタンスが狭いです。
狭いスタンスが悪い訳ではないですが、基本的には肩幅よりも少し広めのスタンスをオススメします!

フォアハンドなら右から左に・バックハンドなら左から右にスムーズにシフトウェイト出来るように意識しましょう!

卓球は1度打てば決まるスポーツではないので、連打が出来るように心がけましょう!

スタンスを広げると足が動かなくなる!

スタンスが狭いと動けないでしょ?という人もいますが、広げすぎると足を動かすのが大変です。
直立した状態から足を出して歩くのは簡単ですが、四股を踏んでいる状態から歩けと言われたら大変ですよね?

スタンスを広げて体重を乗せた状態で足を動かすには、相応の筋力が必要になります。
足を動かすためにランニングをしましょう!

足が動くようになれば、連打も出来るようになり、動ける範囲も広くなるのでランニングをして損はないです。

異質系ラバーの選手はスタンスはそこまで広くなくて良い!

全ての人がスタンスを広くして打球する必要はありません。
粒高の選手の場合はボールを上から見て打球したい時が多い為です。

しかし、横にちょこちょこと早く動く事が要求されるのでランニング等の下半身強化は必須です。

ある程度の身体能力を鍛えておくと、卓球のパフォーマンスが向上するので1か月ほど継続してみましょう!